竜装(りゅうそう) ムシャ・レジェンド》 [編集]

竜装 ムシャ・レジェンド VR 火文明 (3)
クロスギア:サムライ
これをクロスしたクリーチャーは、種族にアーマード・ドラゴンとサムライを追加し、パワーが+2000され、名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。
これをクロスしたクリーチャーが攻撃する時、自分のシールドを1枚墓地に置いてもよい。そうした場合、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。

DM-28で登場したサムライクロスギア
クロスしたクリーチャーを名実ともに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》にすることができる。

カード名《ボルメテウス・武者・ドラゴン》種族アーマード・ドラゴンサムライが追加されることから、様々なサポートを受けることができるようになる。

例えば《ムシャ・ルピア》《武者ザンゲキ剣》とのコンボが狙える。特にシナジーが大きいのは《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》であり、《ボルメテウス・武者・ドラゴン》カード名を得たクリーチャーに無料でクロスし、味方のドラゴンサムライスピードアタッカーにできる。

《バルケリオス・武者・ドラゴン》G・ゼロの条件も満たせるので、手札次第では爆発的な展開が可能。理想的な流れは、このクロスギアクリーチャークロスし、《バルケリオス・ドラゴン》《バルケリオス・Gカイザー》《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》の4連G・ゼロを決めること。《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》を加えれば1ショットキルが狙える。

また、《ボルメテウス・武者・ドラゴン》と同じくシールドと引き換えに6000火力が撃てる能力を使うことができる。しかし、使い勝手があまり良くなく、シールドを失うデメリットが痛い。
6000火力自体は悪いものではないが、使う度シールドが減るのでその隙を突かれて逆に攻め込まれることも多い。《ムシャ・ルピア》能力で補うか、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》で一気にとどめを刺すなどしたい。

このカードを採用することで疑似的に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を最大8枚体制にすることができる。【武者ワンショット】などで《武者》の枚数が足りないようならばこのカードで補うといいだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

竜装 ムシャ・レジェンド R 火文明 (2)
クロスギア:サムライ
クロス[火(1)]
これをクロスしたクリーチャーは、種族にアーマード・ドラゴンとサムライを追加し、パワーが+2000され、名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加する。

ジェネレート及びクロスのコストが減少した代わりに、アタックトリガーがなくなった。
その為、武者サポートをふんだんに活かす戦術が考えられる。

《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》は勿論のこと、《ムシャ・ルピア》《モノノフ・ルピア》が自らアタックトリガーを習得することから《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を採用しない武者デッキも考えられるか。

ただし、後の下方修正で《モノノフ・ルピア》シールド焼却ブレイクへと劣化したため、S・トリガーを踏む確率を下げることができなくなった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《あたりポンの助》《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を指定した後、《あたりポンの助》《竜装 ムシャ・レジェンド》をクロスして名前に《ボルメテウス・武者・ドラゴン》を追加しました。どうなりますか?
A.《ボルメテウス・武者・ドラゴン》である《あたりポンの助》のテキスト自体が無視されます。それ以降《あたりポンの助》はテキストのないカードとして扱われ、例え新たに《ボルメテウス・武者・ドラゴン》がバトルゾーンに出たとしても、《あたりポンの助》のテキストが無視されているので《ボルメテウス・武者・ドラゴン》が無視されることはありません。
引用元