超絶神(ちょうぜつしん)ゼン》 [編集]

超絶神ゼン VR 光/自然文明 (7)
クリーチャー:ゴッド 8000+
ブロッカー
W・ブレイカー
G・リンク《究極神アク》の右横
このクリーチャーは、リンクしている時「Q・ブレイカー」を得、自分のターンの終わりにアンタップされる。

DM-26で登場した/自然ゴッド。「ゼン&アク」の右側。

ブロッカーを持つ準バニラ《究極神アク》G・リンクすれば、Q・ブレイカー警戒を得る。

《究極神アク》と異なり単体では準バニラであり、ブロッカー破壊も受けてしまうため非常に場持ちが悪い。
一応そこそこパワーの高いブロッカーであるため壁となればそれなりの圧力はあるが、ビートダウンブロッカー破壊をはじめとした除去を握っていない状況は考えにくく、信頼は低い。
素直にG・リンクを狙うときは《究極神アク》から立てると良いだろう。

単体ではともかくG・リンク時は非常に強力であり、《究極神アク》アタックトリガーによる確定除去の後、《超絶神ゼン》による警戒ブロッカーで守りを固めるため隙がない。殴り返しを受けないため、除去を受けて小型化した所でのバトルによる1ターン処理がないというのも非常に大きい。ゴッドメタの鉄板《鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス》ゼン&アクには通用しない。

またビートダウンしたい相手がゼン&アク除去してきた場合、《超絶神ゼン》を残せばブロッカーとして維持できる。ゼン&アク《爆竜 GENJI・XX》が切り込んできても、《超絶神ゼン》を残せばそちらでブロック破壊出来る。
ゼン&アク除去耐性をもったブロッカーと考えることも出来、その守りは堅牢である。

またブロッカーなので《超次元マザー・ホール》《ヘブンズ・ゲート》によって出すことが出来る。
6マナで《超絶神ゼン》を出せば7マナ《究極神アク》と流れるようにG・リンク出来る可能性がある。
《超絶神ゼン》を《ヘブンズ・ゲート》で出す前提で白青黒デッキを組めば、【ヘブンズ・ゲート】でのG・リンクが出来る。
この点は、ゼン&アクの後継である《世紀末ゼンアク》が単体で実践している。

DMC-57 「ザ・ゴッド・キングダム」での《大地と永遠の神門》の登場以降は、そちらから繰り返し出せる高パワーブロッカーとしてのアイデンティティを得た。
もっとも、《大地と永遠の神門》があってもバウンスシールド送りに弱いのは《究極神アク》と変わらない。

環境では、高い適応能力で極神編戦国編神化編と活躍したが、覚醒編に入ると多くのコントロールデッキフィニッシャーサイキック・クリーチャーに取って代わった。《時空の喧嘩屋キル》《時空の鬼若コーシロウ》など相性の良いサイキック・クリーチャーも味方につけたが、《超次元ガード・ホール》シールド送りを持つ天敵であった。
《ドンドン吸い込むナウ》が登場したエピソード1ゼニスが登場したエピソード2以降は、さらに肩身を狭くした。

《究極神アク》と比べると単体での貧弱さは否めないため、【ゼン&アク】を組む際はその点を考慮したい。
G・リンクに成功すれば、その制圧力でバトルゾーンを蹂躙してくれるだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

単一のカードとしては存在せず、《超絶究極神》でのみバトルゾーンに登場させることができる。

超絶神ゼン SR 光/水文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 8000+
G・リンク[水/闇(7)]:《究極神アク》とリンクして《超絶究極神ゼンアク》となる
ブロッカー
W・ブレイカー
各ターン、初めてブロックした時、アンタップする

自然文明水文明に変更となり、1ターンに2回ブロックすることが可能になった。
総合的にはスペックが向上しているが、ゴッド共通の変更点により《ヘブンズ・ゲート》などでのコスト踏み倒しは不可能になっている。

リンク対象 [編集]

関連カード [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]