雷獣(らいじゅう)ヴォルグ・ティーガー》 [編集]

雷獣ヴォルグ・ティーガー VIC 闇文明 (12)
サイキック・スーパー・クリーチャー:デーモン・コマンド/ハンター 11000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーが攻撃する時、相手の手札を見ないで1枚選び、捨てさせる。その後、その捨てたカードよりコストが小さいクリーチャーを1体、自分の墓地から出してもよい。
リンク解除(このクリーチャーが離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
覚醒リンク前⇒《ヴォルグ・サンダー》(上)または《勝利のヴォルグ・サンダー》(上)/《サンダー・ティーガー》(下)
《ヴォルグ・サンダー》の面を持つサイキック・セルはプレミアム殿堂

DMR-02で登場したビクトリーを持つデーモン・コマンド/ハンターサイキック・スーパー・クリーチャー

《ヴォルグ・サンダー》《サンダー・ティーガー》覚醒リンクした姿。
後に《勝利のヴォルグ・サンダー》《サンダー・ティーガー》覚醒リンクが可能となった。

アタックトリガーで相手の手札を1枚ハンデスし、そのカードよりもコストが小さいクリーチャーを1体リアニメイトする。
やや相手依存であるが、相手の手札を減らしつつ自分のクリーチャーを増やすため、アドバンテージを稼ぎやすい。また《ヴォルグ・サンダー》であらかじめ自分の墓地を増やしておけるため、リアニメイトが不発しにくくなっている。

《ヴォルグ・サンダー》《サンダー・ティーガー》は共にcip能力を持っており、登場と同時に役割の大半を終えているため、他のサイキック・スーパー・クリーチャーに比べて覚醒リンクすることのデメリットが少ない。
《超次元ライデン・ホール》から覚醒リンク元を2枚とも呼びだすことで、消費枚数的に通常進化のように扱ったことになる。

シールドブレイク枚数こそ減っているが、気軽に覚醒リンクできる事こそ、このクリーチャーの最大の強みだと言える。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《雷獣ヴォルグ・ティーガー》の「攻撃する時」の能力で、相手の手札から《夜露死苦 キャロル》が捨てられる際、かわりに手札に残りました。自分はコストが3より小さいクリーチャーを墓地からバトルゾーンに出せますか?
参照:《サンダー・ティーガー》
A.はい、出せます。
引用元(2021.10.22)