死神城(しにがみじょう) XENOM(ゼノム) [編集]

死神城 XENOM UC 闇文明 (4)
城―自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。 その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)
この城を自分のシールドゾーンに置いて、シールドを1枚要塞化した時、相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。
自分の、名前に《死神》とあるクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
バトルゾーンにある自分の、名前に《死神》とあるクリーチャーすべてのパワーは+2000される。

DM-34で登場した

死神サポートの死神コスト軽減パンプアップに加えて要塞化した際にハンデスもできる。

それほど軽いではないが、即効性のあるランダムハンデスが嬉しい。
《スケルトン・バイス》の捨てさせる2枚の内、もう1枚のほうを死神サポートに置き換えたカード、と考えればコストパフォーマンスは良好。

死神デッキを組むのであれば、その汎用性からほぼ必須と言える。
出した次のターンに6コスト死神に繋がるのだが、今のところ6コスト死神《死神の凶獣ベル・ヘル・デ・ジャクソン》しか存在しないのが残念である。《死神アトミック・デストロイヤー》呪文なので対象外。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

死神城 XENOM R 闇文明 (3)
自分の、名前に《死神》とあるクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただし1より少なくならず、かつそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
自分の、名前に《死神》とあるクリーチャーすべてのパワーは+2000される。
この城を要塞化した時、相手は自身の手札を1枚捨てる。

マナコストが1少なくなる強化と、要塞化時のランダムハンデスがセルフハンデスに変更になる弱体化を受けた。

コスト軽減は早期に出せれば出せるほど長く恩恵があり、なおかつ維持するには自分のシールドも守らないといけないということもあり、軽くなったことは非常に大きい。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]