《ダイヤモンド・カスケード》 [編集]

ダイヤモンド・カスケード C 自然文明 (5)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000
マナ進化−自然のクリーチャーを1体自分のマナゾーンから選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、スノーフェアリーをすべて、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。そうした場合、スノーフェアリーをすべて、自分の墓地からマナゾーンに置く。

DM-32で登場したマナ進化スノーフェアリー

3体目のスノーフェアリー進化クリーチャー
マナ進化だが、能力的に【スノーフェアリー】専用の進化クリーチャーである。

《ダイヤモンド・ブリザード》と違い、墓地のスノーフェアリーはマナゾーンへ置かれる。上手く扱えばマナゾーンの枚数を維持したまま大量のスノーフェアリー回収できる。

《カラフル・ダンス》などの墓地肥やしから繋いだ場合、マナゾーンからまとめてスノーフェアリーを回収しつつ、一気に大量のマナブーストをすることが可能。
スノーフェアリーデッキを固め、大量の墓地肥やしからこのクリーチャーを出せれば、スノーフェアリーの大群を並べることができる。
逆に、このカードを使うならば何らかの墓地肥やしは必須と言えるだろう。

《ダイヤモンド・ブリザード》と比べると、大分使いやすくなっている。
【スノーフェアリー】であるならば、こちらもかなりの爆発力を発揮できるだろう。

  • カスケード(Cascade)とは階段状に緩やかに繋がる一連の小さな滝のこと。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ダイヤモンド・カスケード VR 自然文明 (5)
進化クリーチャー:スノーフェアリー 5000+
マナ進化-自分のマナゾーンの自然のクリーチャー1枚
バトルゾーンに出た時、スノーフェアリーをすべて、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。そうしたら、スノーフェアリーをすべて、自分の墓地からマナゾーンに置く。
自分の他のスノーフェアリー1体につき、パワーを+3000する。
パワード・ブレイカー

DMPP-15で実装。レアリティベリーレアになり、条件付きパンプアップパワード・ブレイカーを得た。

採用先として【ダイヤモンド・ブリザード】が真っ先に思い浮かぶ。しかし現在の【ブリザード】は墓地肥やしを行わないため、マナの枚数を維持しつつこちらを上手く使うには一工夫が必要。
展開したスノーフェアリー除去された際の切り返しならマナを減らさずに使える。
またマナに落ちた《ダイヤモンド・ブリザード》の回収を行える貴重なカードでもある。

パンプアップとパワード・ブレイカーも強力であり、スノーフェアリーは元々展開力が高いので、大幅なパンプアップと打点増加が見込める。

  • テキストには記載されていないが、マナ回収は、手札の上限枚数だけ行われる。回収できなかった分が墓地に置かれ、アンタップインでマナに置かれる、と言ったマナ回復の動きはできない。
  • スノーフェアリーデッキの核になりうるカードだが、「カスケード」に「カス」と入っているためかカード名をそのままデッキ名に設定することができない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ダイヤモンド・カスケード》を召喚しました。どうなりますか?
A.マナ進化はカードを重ねた状態でバトルゾーンに出ますので、マナ進化したクリーチャーは進化元と一緒に《地封龍 ギャイア》の置換効果によってマナゾーンに置かれます。この進化元は召喚の手順によってどこでもないゾーンを経由したため、新たにマナゾーンに置かれたカードとして扱いますが、ゾーンを移動していないので、位相は変化しません。
引用元(2020.12.15)