常氷接続(じょうひょうせつぞく) オプティマス・ブリザード》 [編集]

常氷接続 オプティマス・ブリザード R 光/自然文明 (6)
クリーチャー:ディスペクター/グレートメカオー/スノーフェアリー 7500
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
自分のターンの終わりに、このターン、カードが自分のシールドゾーンに置かれていたら、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置き、その後、カードを1枚自分のマナゾーンから手札に戻す。

DMRP-19で登場した/自然ディスペクター/グレートメカオー/スノーフェアリー

G・ストライクEXライフW・ブレイカーの3つのキーワード能力に加え、自分のターン中にシールドが増えていた場合、ターン終了時に1マナブーストと1枚マナ回収を行う。

能力が自己完結しており、自身のEXライフで最低1回はマナ入れ替え能力を発揮できる。自身を出すのに使用したササゲール分のリソースを即座に回収可能。
EXライフはもちろんのこと、シールド・プラス裁きの紋章等もカードシールドゾーンに置かれるため条件を満たすことができる。

また、マナ回収の対象をディスペクターにすることで、次のターンEXライフシールド追加を行えるようになり再びマナブーストマナ回収を誘発できる。
この「ディスペクターマナ回収→次の自分ターン召喚」という流れを繰り返せば、毎ターンシールドゾーンマナゾーン手札の質をまとめて高めることが可能。
これは《トライガード・チャージャー》等のシールド追加効果を持つチャージャー呪文との併用でも再現可能で、「シールドマナに干渉しつつ呪文を回収する」という、元の《常勝ディス・オプティマス》に近い動きができる。

淡泊な能力なことが多かったコスト6の中型ディスペクターの中ではそれなりに有用な効果を持っているが、能力そのものが悠長な上相手とのアドバンテージ差を広げられないのが難点。
ただ、手打ちしやすいコストであることや、条件はあるものの必要なカードを回収できるため展開を大きく進めるには丁度良い。
ディスペクターシールド追加効果を中心としたデッキで可能な限り早出しし、手札マナゾーンの質を高めるシステムクリーチャーとしての運用であれば活躍できるか。

その他 [編集]

《ダイヤモンド・ブリザード勝ディス・オプティマスの『接続』ディスペクター

+  合成元との関係

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 4つ目の能力について

Q.自分の《極幻空 ザハ・エルハ》《常氷接続 オプティマス・ブリザード》がバトルゾーンにある状況です。自分のターンのはじめに、シールドゾーンにある《「青空の大波」》を「自分のターンのはじめに、このクリーチャーが表向きで自分のシールドゾーンにあれば〜」という能力で出そうとし、《極幻空 ザハ・エルハ》の能力によってシールドゾーンにとどまりました。《常氷接続 オプティマス・ブリザード》の「自分のターンの終わりに」の能力はどうなりますか?
A.シールドゾーンに新たにカードが置かれたわけではないため、《常氷接続 オプティマス・ブリザード》の「このターン、カードが自分のシールドゾーンに置かれていたら」の効果は何もしません。
引用元(2021.9.24)


[1] EXライフは出す時にシールド追加を行うため、「シールドゾーンカードが置かれた時」などのテキストだと自身のEXライフでは条件を満たせない