常勝(じょうしょう)ディス・オプティマス》 [編集]

常勝ディス・オプティマス SR 光/水文明 (6)
クリーチャー:グレートメカオー/エイリアン 6000
スペース・チャージ:光/水
SC―光:呪文を1枚、自分の墓地から手札に戻す。
SC―水:自分のシールドを1枚、手札に加える。ただし、その「S・トリガー」は使えない。その後、自分の手札を1枚裏向きにして、新しいシールドとして自分のシールドゾーンに加える。
W・ブレイカー
※殿堂入り

DMR-02で登場した/の大型グレートメカオー/エイリアン

2種類のスペース・チャージで、着々とアドバンテージを積み重ねていく強力なシステムクリーチャーである。

SC呪文回収回収する呪文に制限がないため使いやすい。
スペース・チャージの性質上、回収マナチャージステップで行われる事が多いため、回収した呪文をそのターン即座に唱えることができる。
回収の確実性では《魔光王機デ・バウラ伯》等のcip能力にこそ劣るが、大型呪文を何度も使いまわすことができるのは、スペース・チャージならではのメリットだろう。《英知と追撃の宝剣》《ラスト・バイオレンス》等の強力な呪文を毎ターン唱えることで、莫大なアドバンテージを稼ぐことができる。

SCシールド交換手札調整をしながらS・トリガーを次々とシールドに仕込んでいくことができる。
これまでの《エメラル》などのシールド交換とは異なり、先にシールド回収して、その後に手札からシールドにするカードを選ぶように手順が変更されている。これによって、S・トリガー回収してしまう危険性が減り、手札調整がしやすくなった。
またテキストに「そうした場合」ではなく「その後」と書かかれているため、自分のシールドが1枚もない状態でSCを使えば、シールド追加ができる。

レインボーマナゾーンに置くことで、SC能力を両方とも使うことができる。ちなみに、使用するスペース・チャージから使わなければならない。
2つのSC能力シナジーしており、墓地からS・トリガー付きの呪文回収し、シールド交換で埋めることで、ブレイクされたS・トリガーシールドに仕込み直し続けることが可能である。
この流れで《スーパー・スパーク》《DNA・スパーク》などの全体タップ呪文を使いまわせば、手札/多色カードがなくならない限り、相手クリーチャーダイレクトアタックロックし続けることができる。しかし、《冥府の覇者ガジラビュート》など、この守りを突破できるカードは少なくないので、過信は禁物である。

強力なカードだが、スペース・チャージゆえに本領を発揮するには時間がかかる。《ロスト・ソウル》などの大型ハンデス除去カードを捨てさせてたり、《ペトリアル・フレーム》で守るなど、プレイングデッキ構築に気を付けて使っていきたい。

  • マナゾーンに光と水の多色カードが、シールドゾーンに《セイレーン・コンチェルト》が存在すると、スペース・チャージにより、何度も《セイレーン・コンチェルト》を回収してシールドに仕込めるため、コンボパーツが崩れない限り、如何なるときもシールドが1枚以上確保されるという強力な守備体制が取れる。
  • 種族イラストから、このクリーチャーの元ネタは「トランスフォーマー」シリーズに登場するトランスフォーマーの1体、オプティマス・プライムだろう。ちなみに国内でトランスフォーマーの玩具を発売しているのもタカラトミーである。なお、このカードのイラストを手がけるhippo氏は、同社が出しているトランスフォーマーカードゲーム「ヒートスクランブル」においてオプティマス・プライムのイラストも担当している。

サイクル [編集]

DMR-02多色ハイブリッド種族/エイリアン

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]