(もり)指揮官(しきかん)コアラ大佐(たいさ) [編集]

森の指揮官コアラ大佐 C 自然文明 (3)
クリーチャー:ドリームメイト 2000
O・ドライブ 光×1・火×1(このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンでさらに光1枚または火1枚またはその両方をタップしてもよい。そうした場合、次のOD能力を得る)
OD光−このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体の、攻撃できない効果はすべて無効になる。
OD火−このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このターン、バトルゾーンにある自分のクリーチャー1体は「W・ブレイカー」を得る。

DM-25で登場した自然ドリームメイト
2つのO・ドライブを持ち、O・ドライブで自分のクリーチャー1体に擬似的にダイヤモンド状態O・ドライブで自分のクリーチャー1体にW・ブレイカーを与える。

O・ドライブ召喚酔いも無効にできるため、自身に対して使えば疑似スピードアタッカーとなる。O・ドライブも合わせれば、1ターン限定だが奇襲性のあるW・ブレイカーとして使用可能。

を絡めたビートダウンデッキにも入りやすいと思われる。また攻撃できないテキストを持つクリーチャーを、突如アタッカーに変化させ、相手の計算を狂わすこともできるかもしれない。
欠点は召喚時にしか効果を発揮しないことか。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

森の指揮官コアラ大佐 C 自然文明 (3)
クリーチャー:ドリームメイト 2000
O・ドライブ[光(1)]:バトルゾーンに出た時、このターン、自分のクリーチャー1体は「W・ブレイカー」を得る。
O・ドライブ[火(1)]:バトルゾーンに出た時、このターン、自分のクリーチャー1体は「スピードアタッカー」を得る。

O・ドライブを使った時の能力が光と火で逆になった。

TCG版でできた「攻撃できない効果を無効にする」能力は、「召喚酔い無視の対象に含まれるダイヤモンド状態」の劣化であるスピードアタッカーとなってしまったため、能力面でいえば若干弱体化はしているといえる。
相手プレイヤーを攻撃できないブロッカーを打点にできなくなった上、《海王龍聖ラスト・アヴァタール》のような「攻撃できない」状態、《クック・ポロン》のような「攻撃されない」対象に攻撃できない実害がある。

  • 2つのO・ドライブを2つとも自身に使った場合は、TCG版の性能をほとんど再現できている。

サイクル [編集]

DM-25友好色2つのO・ドライブを持つクリーチャー

DMPP-09友好色2つのO・ドライブを持つクリーチャー

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]