《「怪異(かいい)」の頂天(ちょうてん) クリス=ベルゼ》 [編集]

「怪異」の頂天 クリス=ベルゼ UC 無色 (10)
クリーチャー:ゼニス・セレス 10001
水晶ソウル3(このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンにある裏向きのカードのマナの数字は3になる)
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このクリーチャーは、出たターンの間、シールドの数が偶数のプレイヤーまたは偶数のコストを持つクリーチャーを攻撃できる。(0は偶数として扱う)
エターナル・K(このクリーチャーが離れる時、かわりに自分のマナゾーンにある裏向きのカードを3枚、表向きにしてもよい)

DM23-EX3で登場した無色ゼニス・セレス

ゼニス・セレス共通の水晶ソウル3とエターナル・Kに加えて、W・ブレイカーと条件付きの疑似スピードアタッカーと疑似マッハファイター?を持つ。
その条件は攻撃先が偶数のコストシールド数を持つこと。

無色の水晶ソウル持ちの例に漏れず《Dの寺院 タブラサ・チャンタラム》との相性がよく、Dスイッチアンタップした水晶マナのみを使って召喚できる。

最も軽いゼニス・セレスだが、単体での盤面性能は控えめ。
エターナル・Kによる除去耐性と疑似スピードアタッカーで最後の押し込みを任せるのが良いだろう。
シールドの数が偶数という条件は奇数枚のブレイク数のクリーチャーで調整できるほか、全てブレイクしきった後ダイレクトアタックさせることもできる。

  • 「0は偶数として扱う」という注釈によって、シールドが0のプレイヤーには攻撃できることが分かるようになっている。
    • コスト0クリーチャーについても攻撃できることがわかるが、実戦で攻撃したいのは《試作品 クロコギア》くらいなのでほとんど意味がない。
    • コストについては記載がない。過去のよくある質問では∞を偶数として扱うことになっているが、これは総合ルールにも記載がないので分かりにくい。とはいえ《クリス=ベルゼ》側が素でパワーが勝っているコスト∞のクリーチャーは存在しないのでやはりほとんど意味がないが。
  • このクリーチャーのパワーも10000から1加えてまで奇数にしているが、コストは偶数。普通に相手の《クリス=ベルゼ》に殴られる。

裁定不明 [編集]

このクリーチャーが持つ出たターンの攻撃許可は、フュリー・チャージかつアンタップキラー(要するにマッハファイター)なのか。

文章だけで見るのなら、どこにも「アンタップしているクリーチャーを」とは書いていないため、召喚酔いではない場合に攻撃できる範囲しか攻撃できず、《天頂と停滞と水晶の決断》適性がない恐れがある。

コスト軽減早見表 [編集]

使用カード実質コスト支払い
《奪取のクリス アラカン》10-2=8[水晶(3)]の3枚
[水晶(2)]と[無色(2)]の4枚
《流星のガイアッシュ・カイザー》10-4=6[水晶(2)]の2枚
[水晶(1)]と[無色(3)]の4枚

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]