《ジョニー・ザ・ビギニング》 [編集]

ジョニー・ザ・ビギニング P 無色[ジョーカーズ] (7)
クリーチャー:ジョーカーズ 5000
マスター・ブレイカー(このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する)
このクリーチャーは、バトルゾーンに出たターン、相手プレイヤーを攻撃できる。

月刊コロコロコミック2017年3月号付録で登場したプロモーション・カード

はじめて文明とロゴにジョーカーズが登場したカードである。

その能力は、フュリー・チャージの「相手プレイヤー攻撃」版とも呼べる。相手プレイヤー攻撃時限定で召喚酔いしながらもスピードアタッカーとして扱える。

また、新能力マスター・ブレイカーを持ち、登場ターン限定でこのクリーチャーによるブレイクが成立した場合、ブレイク直前に相手のクリーチャー1体を破壊することができる。

非常に斬新な能力であるが、残念ながら、DMRP-01収録の《ジョリー・ザ・ジョニー》完全下位互換である。新弾発売までに新ギミックを体感するためのお試し版としての役割しかない。
しかしながらスピードアタッカーメタを受けない(実質)スピードアタッカーと言う一応のメリットはある。

後に登場した、同じくお試し版的な立ち位置にある《ビギニング・ザ・メラビート》はコストが異なるため使い分けと差別化が十分可能となっている。せめてこちらも6コストであったなら話は違っただろう。

  • 《ジョリー・ザ・ビギニング》ではない。それなりにややこしく、コロコロチャンネルの紹介動画でDeadmanがジョリーとジョニーを一瞬間違えるシーンがあった。
  • マスター・ブレイカーのクリーチャー破壊効果は、《ジョニー》自身に付与された能力な為、そのターン《ジョニー》が行う全てのブレイクに対して有効となる。例としては、出たばかりのこのクリーチャーにW・ブレイカーを与えてブレイクの際にW・ブレイカーを選んだ場合、シールドを2つブレイクするのでクリーチャーを2体破壊する。ことが出来た。
    下記のQ&Aの通り現在はどちらか一方を選択する。

ルール [編集]

公式Q&A

Q. 《ジョニー・ザ・ビギニング》が、出したターンにT・ブレイカーを得ました。どうなりますか?
A. 攻撃してブロックされなかった時にブレイク枚数を決定します。この時、ブレイカー能力を二つもっていることになるので、マスター・ブレイカーによるブレイクの1枚かT・ブレイカーによるブレイクの3枚かを決定します。マスター・ブレイカーを選んだ場合、各ブレイクの前にクリーチャーを破壊することになります。T・ブレイカーを選んだ場合、各ブレイク前のクリーチャー破壊は起こりません。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ
    今ここに、新たなる伝説が幕を開ける!!

収録セット [編集]

参考 [編集]