松本(まつもと)しげのぶ [編集]

漫画『デュエル・マスターズ』の作者。
ヒーローズ・カードキャラクターや、過去に彼らが使った切り札プロモーション・カードのカードイラストも担当している。→Shigenobu Matsumoto

1999年からMagic:The Gatheringをテーマにした漫画デュエル・マスターズを連載開始し、その後デュエマに路線変更するもの、今なおシリーズを継続中である。デュエマの人気を支え続ける功労者の一人と言えるだろう。

ゲームデザインやクリーチャー造形にも少なからず携わっており、そういった意味合いでも「デュエル・マスターズの原作者」であるといえる。

漫画家として [編集]

デュエル・マスターズ以前はコロコロ巻末の読者投稿ページのカットや、「おどろき!ももの木笑店街」のようなギャグマンガを手掛けていた。

元がギャグ畑の作家ということもあってか、ジョージ山本・エレガンス・久美子などあまりにも個性的なキャラの造形、「死ね」「殺す」などの過激なセリフ回し、黒城 凶死郎不亞 幽などに見られる過剰な感情表現に特徴がある。

  • 氏が漫画家を志すきっかけとなったのは水木しげる氏の緻密な絵と親しみやすいキャラクターに魅了されたから」だと、水木しげる氏の没後に発刊された「VS」6巻の作者コメントで語られている。
    • デュエマの「原作者」のひとりである松本しげのぶ氏と水木しげる氏にこのような縁があるからか、BBPを中心にしばしばコラボカードが収録されている。
    • 別冊コロコロコミック2018年6月号から同誌にて、水木しげる氏の代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の新作漫画を連載していた。
  • 「VS」連載中は作品が思うように描けないことによる心労に見舞われていたという。病気と闘いながらデュエマを行っていたルシファーに氏は作品作りに苦労していた自分を重ね合わせたとオマケ漫画で振り返っている。

ゲームへのかかわり [編集]

「キャラクターが持っている内面をクリーチャー化したい」と語っており、会議を通じてゲームデザイナーに発案している。

  • 「シールドを全てブレイクし相手に直接攻撃したプレイヤーが勝利する」というデュエマの根本的なゲームデザイン自体が、氏が「漫画を描くにあたって絵的に映え、尚且つ流血など過激な表現を避けられる要素が欲しい」と提言したことが切っ掛けで生まれた。
  • ジョーカーズのデザインは氏の担当したものが多いようで、書籍や公式Webサイトなどで氏のデザインラフが公開される事がしばしばある。

その他 [編集]

  • DMX-21には、氏がイラストを担当した新規カードがそれぞれのパックに1種類ずつ収録されている。
  • 「全方位カードファイル」にて、DM黎明期にカード用にクリーチャーイラストを描いたが没になったという裏話を披露している。
    • 「VS」10巻のオマケ漫画では、カード用のクリーチャーの原画を黎明期から一貫して描いているが、手伝いに来た青年から「そんな下手な絵でデザインに関与しているはずがない」と信じてもらえず、何とか長年描き溜めた原画を青年に見せて納得してもらったが作者本人は深く傷ついた、という様子が描かれている。
  • 自画像は短髪に点のような目とタラコ唇というデザイン。右のような感じである→(・3・)。漫画では群衆(モブ)として描かれることもある。

参考 [編集]

タグ: 用語集