青赤(あおあか)ビビッドロー】 [編集]

《結晶龍 プロタゴニスト》ビビッドローコストを軽減し、《傾国美女 ファムファタァル》で並べたクリーチャーパンプアップして1ショットキルを行う。《「祝え!この物語の終幕を!」》《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》等を踏み倒し、ロックしながら1ショットキルを行う型も存在する。

メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ KGM 水/火 (7)
クリーチャー:フェニックス/美孔麗王国 12000
<ビビッドロー>[水/火(5)](自分のターン中、攻撃の前にこのクリーチャーをドローした時、表向きにしてもよい。そうしたら、このターンこのクリーチャーを[水/火(5)]支払って召喚してもよい)
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを3枚引く。
このクリーチャーはブロックされない。
このクリーチャーの攻撃中、自分の手札の枚数以下のコストを持つクリーチャーを、相手はバトルゾーンに出せない。

主要カード [編集]

《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》テーマの顔。ビビッドロー5。cipで3ドロー。スピードアタッカー&アンブロッカブルT・ブレイカー攻撃中、自分の手札の枚数以下の相手のクリーチャーの展開を封じる。
《結晶龍 プロタゴニスト》核。ターン最初のドローを手札全交換に切り替えることでビビッドローの引き込みとコスト軽減を担う。条件付きでアンタッチャブル
《「祝え!この物語の終幕を!」》核。ビビッドロー4。1ドローした後7マナ以下1体をスピードアタッカーにしつつ一時的に踏み倒す。《プロタゴニスト》がいれば最大2マナまで軽減して唱えられる。
《傾国美女 ファムファタァル》ビビッドロー4。cipパンプアップスピードアタッカーを全軍に付与

山札操作候補 [編集]

《ブレイン・ストーム》3枚までドローでき、手札2枚を山札の上に固定。
《ブレイン・ブック》ドロー山札操作の枚数は《ブレイン・ストーム》より劣るが、S・トリガーを持つ。
《ロスト・ウォーターゲイト》多色ビビッドロー持ちを山札の上に固定。最速の《プロタゴニスト》サーチとしても。
《オンセン・ボイラー》3ドローした後、1枚を山札の上に固定、1枚を捨てる
《選伐!美孔麗MAX》モード山札操作を行い、任意で1ドローor自分の手札枚数未満のコスト火力

序盤の候補 [編集]

《異端流し オニカマス》コスト踏み倒しメタ
《Re:奪取 トップギア》《プロタゴニスト》の早期召喚を狙う。選ばせ除去などの避雷針としても重要で、《ファムファタァル》で打点としても活用できる。
《Re:奪取 マイパッド》
《海郷翔天マイギア》
《海底鬼面城》置きドロー。前者は1マナので、後者は2マナのアタッカー
《伝説演者 カメヲロォル》

候補ビビッドロー [編集]

《傾奇黙劇 アルレキヰノ》ビビッドロー5。《「祝え!この物語の終幕を!」》とはお互いを踏み倒せる。
《偽代助演 スケプティック》ビビッドロー3。cipで3ドロー+山札操作+ターンの残りをとばす《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》と《「祝え!」》との組み合わせで擬似《クロック》
《「見よ、これぞ超科学の神髄なり!」》ビビッドロー2。2枚ドロー。《結晶龍 プロタゴニスト》がいれば1マナ2ドローになる単色カードの為、潤滑油呪文としては筆頭。
《「伝説のサイバーパワー!」》ビビッドロー2。1枚捨て3枚ドロー。
《「生まれる前からやりなおしたら?」》ビビッドロー4。相手クリーチャー2体バウンスと1ドロー。
《「刹那の美学は爆発だ!!」》ビビッドロー2。S・トリガープリン効果と5000火力

《「祝え!この物語の終幕を!」》で踏み倒す候補 [編集]

《龍素記号Sr スペルサイクリカ》《「祝え!この物語の終幕を!」》とはお互いを踏み倒せる。
《龍風混成 ザーディクリカ》
《偉大なる魔術師 コギリーザ》
《絶海の虎将 ティガウォック》cipで3ドロー。ブロッカー。自身のコスト軽減能力による召喚もしやすく更なるビビッドローの引き込みを狙える。
《DOOOPPLER・マクーレ》マジボンバー7で更に展開。
《メガ・マナロック・ドラゴン》スピードアタッカー化で最大10マナロックした上でデッキトップに逃がせる。

その他の候補 [編集]

《天災超邪 クロスファイア 2nd》G・ゼロ条件を満たしやすいW・ブレイカー。《「祝え!」》の範囲内でもある。
《龍装者 バルチュリス》ドロー枚数の多いデッキなので1枚採用でも手札に引き込みやすい。
《終末の時計 ザ・クロック》の定番S・トリガー
《爆殺!! 覇悪怒楽苦》コスト火力スーパー・S・トリガースーパー・ボーナスで《プロタゴニスト》や《ヲヲロラシアタァ》を踏み倒しできる可能性がある。
《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》Dスイッチで《「祝え!」》を唱え、《終末の時計 ザ・クロック》or《偽代助演 スケプティック》を出して相手のターンを強制終了。

デッキの回し方 [編集]

先ずは山札操作カードでビビッドローを仕込むか、《Re:奪取 トップギア》等で《結晶龍 プロタゴニスト》の早期召喚を狙う。

準備が整い次第、《結晶龍 プロタゴニスト》能力ビビッドローを連打したり、《「祝え!この物語の終幕を!」》を起点にクリーチャーを展開。

最終的には《傾国美女 ファムファタァル》《メテヲシャワァ・ヲヲロラシアタァ》を出し、パンプアップロックを活かし、1ショットキルを行う。

長所 [編集]

大量のドローする手段が確保されている点。
デッキの回転力は高いため、キーカードを揃えるのは容易い。
戦術の核となる《結晶龍 プロタゴニスト》、もしくは《「祝え!この物語の終幕を!」》を使えれば展開からの1ショットキルが狙える。

短所 [編集]

中速ビートダウンだが色を増やさない限り呪文ロック等が採用しづらい。
《結晶龍 プロタゴニスト》にとにかく頼る事が多い。能力を発揮するためのタイムラグもあるため、出すのが遅かったり除去されてしまうと速度で間に合わないことが多い。条件付きアンタッチャブルがあるがマッハファイター等が防ぎづらい。

参考 [編集]