偽りの名(コードネーム) スネーク/アンノウン・プログラム》 [編集]

偽りの名 スネーク VR 水/闇/自然文明 (8)
クリーチャー:アンノウン 11000
W・ブレイカー
自分のクリーチャーが出た時、カードを1枚引き、その後、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。
このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地のカードをシャッフルし、山札の下に置く。
アンノウン・プログラム VR 闇文明 (4)
呪文
自分のクリーチャーを1体破壊し、それよりコストが1大きいクリーチャーを1体、自分の墓地から出す。

DM22-EX1で登場した//自然アンノウンおよび呪文ツインパクト

上面は《偽りの名 スネーク》、下面はコスト4の《蝕王の晩餐》とでもいうべき呪文になっている。

呪文面は《蝕王の晩餐》からコストが1重くなったものだが、このカードの真骨頂はツインパクトであることである。デッキ枠の圧縮にもなるため、一概に下位互換ともいえない。

  • 呪文面の踏み倒し先が墓地であるため、一度唱えて墓地に置かれたこのカードと二枚目の相性がいい。《龍装艦 チェンジザ》からこれを唱えて《光器アマテラス・セラフィナ》を出すと、山札から二枚目の《アンノウン・プログラム》を唱えつつ一枚目を《偽りの名 スネーク》として踏み倒せる。この場合は事前に墓地に置くのは《アマテラス・セラフィナ》だけでいい。

その他 [編集]

  • 初の3色単色ツインパクト。ただし単色面の文明が3色の面と被っているため、カード単位でみると3色となっている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]