《ブルトゥーラ-D1(ダッシュワン) [編集]

ブルトゥーラ-D1 R 光文明 (3)
クリーチャー:メカ・デル・ディネロ 3500
自分の他のクリーチャーは、破壊以外の方法で離れない。

DM22-RP1で登場したメカ・デル・ディネロ

《気高き魂 不動》耐性をわずか3マナで使える。ただし、自身が対象外なことには注意。
パワーも3500とウィニーの中では高めで、火力マッハファイターにもある程度強い。

ここまで軽いと、S-MAX進化クリーチャーのルールで通常では不可能な《ブランド-MAX》2体による無限攻撃といったコンボも実戦で狙えるようになるかもしれない。《ブルトゥーラ-D1》により、これが存在している限り何体でも「S-MAX進化」および「鬼S-MAX進化」を共存できるようになる。

デザイナーズコンボである《ドラン・ゴルギーニ》との組み合わせは非常に強力であり、封印能力無視以外の除去を受け付けなくなる。前記した通りこのクリーチャー単体だと自身は対象外だが、《ブルトゥーラ-D1》を複数体並べることで味方全てに耐性付与することができる。

専用デッキ以外でも《異端流し オニカマス》《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》など着地置換効果でも破壊でもないコスト踏み倒しメタ対策に便利である。

耐性は相手の能力や効果に限らないため、ニンジャ・ストライクアビスラッシュの持つターンの終わり山札の下に送られるデメリットも踏み倒せる。ただし、マスター・W・メラビートの場合は山札の下に置かないので手札補充もできない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-RP1
    アビスロイヤルが復活したとなれば、世界の平穏が脅かされるに違いない。そう感じたドラン・ゴルギーニはブルトゥーラ-D1をはじめとする護衛部隊に攻撃を命じる。だが、伝説の存在であるアビスロイヤルの発する瘴気を前に、護衛部隊は近づくこともできずに倒れていくのだった。

収録セット [編集]

参考 [編集]