獣鬼装甲(じゅうきそうこう)トラマルGGG(トライジー) [編集]

獣鬼装甲トラマルGGG R 火文明 (5)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 6000
進化-自分のヒューマノイド1体の上に置く。
このクリーチャーが攻撃する時、相手と3回ガチンコ・ジャッジする。自分が3回勝ったら、コスト12以下の進化ではないハンターを1体、コストを支払わずに召喚してもよい。自分が2回だけ勝ったら、コスト8以下の進化ではないハンターを1体、コストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー

DMR-07で登場した進化ヒューマノイド/ハンター/エイリアン
アタックトリガーでハイリスク・ハイリターンなガチンコ・ジャッジを行う。

3回のガチンコ・ジャッジを行い2回以上勝たなければならないため難易度は高いが、その分ガチンコ・ジャッジを成功させた時のリターンは大きい。
3回のガチンコ・ジャッジに全て勝てば、最大コスト12の非進化ハンター手札からコスト踏み倒しできる。
さらにこのクリーチャーの踏み倒しは「召喚」であるため、同弾収録の《黄金龍 鬼丸「王牙」》をはじめとしたハンター複合ゼニス召喚限定cip能力を使う事も可能。
コスト12以下のハンターはいずれも非常にカードパワーが高く、それが5ターン前後で出るとなればそれだけでゲームエンドに繋がる事も大いにありうる。

勝ったのが2回でも8コスト以下のハンターを踏み倒すことが可能で、《永遠のリュウセイ・カイザー》などの強力なクリーチャー召喚できる。
この場合特に相性が良いのは《逆転王女プリン》であり、アンタップ効果により再度攻撃しながらガチンコ・ジャッジを行える。
そちらで擬似連続攻撃するだけでも十分強力であるといえる。
また、忘れられがちだが《逆転王女プリン》ガチンコ・ジャッジで捲れた際にも効果があるので、手札に無くとも運が良ければアンタップを行えることがある。
一度に3回もガチンコ・ジャッジを行うことから、4枚投入しておけば中々の高確率でアンタップを狙えるだろう。

何はともあれガチンコ・ジャッジに勝たなければ始まらないため、使用の際は特化したデッキを構築するのが先決。
単に進化ヒューマノイドビートダウンしたいだけなら同コストに強力な除去能力を持つ《涙の終撃オニナグリ》【速攻】なら侵略持ちの《音速 ガトリング》が存在するので尚更である。

手頃な進化元として真っ先に挙がるのは同弾の《爆走鬼娘モエル・ゴー》だろう。cipでこちらか踏み倒す対象をサーチできる上にマナカーブも綺麗に繋がる。
次点としては類似スペック《鬼ライダー モエル》コストは被るが多くの軽量コスト踏み倒しメタを事前に除去できる《モエル 鬼スナイパー》クリーチャーだけをマナチャージすれば4ターンで出せる、名目コスト8の《オニウッカリ 爆マル》など。
それらを《フェアリー・ライフ》をはじめとしたマナブーストでサポートすれば、より早く大型ハンター及びゼニスを降臨させることができる。
ただし、あまり入れすぎるとガチンコ・ジャッジの勝率が下がってしまうので、投入する枚数には要注意。

  • また、ハンター召喚をどこから行うのかも書かれていないが、召喚は手札から行う。こちらはプロモ版でもテキストが修正されていない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

獣鬼装甲トラマルGGG R 火文明 (5)
進化クリーチャー:ヒューマノイド/ハンター/エイリアン 6000
進化-ヒューマノイド
攻撃する時、相手と3回ガチンコ・ジャッジする。自分が3回勝ったら、自分の手札からコスト12以下のハンターを1体、コストを支払わずに召喚してもよい。自分が2回だけ勝ったら、自分の手札からコスト8以下のハンターを1体、コストを支払わずに召喚してもよい。
W・ブレイカー

DMPP-18で実装。進化クリーチャーも出せるようになった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-18(MODE→CHANGE)
    見よ!ワシのこの三段構えの爆弾を!――獣鬼装甲トラマルGGG

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]