偽りの星夜(コードナイト) コングラチュレーション》 [編集]

偽りの星夜 コングラチュレーション P 闇文明 (8)
クリーチャー:エンジェル・コマンド/アンノウン 8000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分のシールドをひとつ、墓地に置いてもよい。そうした場合、相手は自身のクリーチャーを2体選んで破壊する。
W・ブレイカー

DMX-11で登場したエンジェル・コマンド/アンノウン
能力シールドを犠牲にする《魔刻の斬将オルゼキア》である。

《魔刻の斬将オルゼキア》cipを確実に発動できる点で勝るが、こちらはバトルゾーンクリーチャー数を減らさずに一方的に除去が出来る上、あちらとは違い任意なのでシールドを無駄に消費することがないのがメリット
エンジェル・コマンドであるため、《ウェディング・ゲート》コスト踏み倒しが可能な点も大きい。
2体同時に出せば、相手のクリーチャーを4体焼き払いつつ、パワー8000のクリーチャーが2体出てくることとなる。

欠点はシールドが無ければただの準バニラになること。最後のシールドが《ウェディング・ゲート》だった場合《偽りの星夜 コングラチュレーション》を出したものの犠牲にする盾がなく、そのまま負けるということも多い。ブレイクに関するルールの改正後は上記の状況に陥りやすくなってしまった。

  • コングラチュレーション(congratulation)は「おめでとう」の意。受賞式や結婚式などで成功・幸福などを祝していう語。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

  • メインストーリーに登場し、デュエルの相手を務める。EPISODE 17 破壊と救済の使徒ではカノンに召喚され、主人公一行と戦った。
    • 登場時点では「偽りの星夜」とのみ呼ばれ、「コングラチュレーション」という名前は明かされていない。
    • 同じくゼニス勢力の戦闘員であるアンノイズと違い、明確な自我を持ち会話もできる。また、戦闘力でもアンノイズを遥かに上回るとされている。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMX-11
    この私と取引する時は、を差し出す覚悟をしなさい。――偽りの星夜 コングラチュレーション

収録セット [編集]

参考 [編集]