20th(トゥエンティース)SP(スペシャル) じーさん》 [編集]

20thSP じーさん P 光/火文明 (10)
クリーチャー:ヒューマノイド邪/ヒューマノイド 21300
G・ブレイカー(このクリーチャーは、相手のシールドをすべてブレイクし、その攻撃の後、自分のシールドをすべてブレイクする)
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から20枚をシールド化する。
自分の孫がゲームに負ける時、または相手が勝つ時、かわりにこのクリーチャーを破壊する。

別冊コロコロコミック2021年8月号で登場した/ヒューマノイド邪/ヒューマノイド

cipシールド追加を20枚も行うG・ブレイカー
さらに自分のがゲームに負ける時と相手が勝つ時にかわりにこのクリーチャー破壊する敗北回避能力も持つ。

cipシールド追加20枚は強制であり、コスト10のこのクリーチャーを普通に召喚して出すとそのままライブラリアウトで負けてしまう。
さらに、スピードアタッカーを持たないためG・ブレイカーを決めるのに1ターン必要であり、次ターンの通常ドローなどで更に山札が減ってしまう。

G・ブレイカーなので増やしたシールドは全てブレイクされる。
これをデメリットと捉えるか大量の暴発を狙えるメリットと捉えるかはプレイヤー次第だろう。

敗北回避能力の「相手が勝つ時」について、《無双竜機ボルバルザーク》《Q.Q.QX.》などの「自分が負ける=相手が勝つ」という状況でも発動することができる。(参考
ただし誘発型能力の1回なので、条件を満たす限り無限にチェックされる《伝説の禁断 ドキンダムX》ライブラリアウトによる敗北には無力である。

後にシールド追加による山札枯渇問題に関しては、アドバンス限定だが《13番目の計画》を採用することでデメリットよりもメリットを多く利用することができるようになった。ただし、《13番目の計画》を大量採用するとその時点で超次元ゾーンの枠を浪費しているため、《13番目の計画》の採用枚数は調整が必要であり、その中でも諸々のサイキックドラグハートとはトレードオフの関係となる。

  • 《轟破天九十九語》などを使い、出ることによって起こる効果はすべて無視された状態で《20thSP じーさん》を出せば、単純に敗北回避能力(「相手が勝つ時」の部分)だけを活用することができる。

余談 [編集]

《インビンシブル・ナーフ》で、ゲームの当事者以外が撃ったダーツがシールドに当たったとしても、そのシールドは焼却されないという回答が存在する
このことから考えると、自分がゲームに負ける時、そのプレイヤーの祖父や祖母がゲームの外部にある《20thSP じーさん》を破壊して孫の敗北を置き換えることはできない。

  • 正式な方法で「自分の孫がゲームに負ける時」を使うには、次のうちいずれかに該当する必要がある。
    • 対戦相手が孫で、自分がゲームに勝つ時
      • 強制効果なので、祖父母側の《20thSP じーさん》の数だけ孫は敗北回避をすることができる。
    • 多人数戦で、孫がゲームに参加している時

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]