轟車(ごうしゃ)G-突(ギガント)”》 [編集]

轟車 “G-突” UC 火文明 (2)
クリーチャー:ビートジョッキー 4000+
パワーアタッカー+2000
W・ブレイカー
G・G・G:自分の手札が1枚以下でなければ、このクリーチャーは攻撃できない。

DMRP-06で登場したビートジョッキー

パワーアタッカー+2000とW・ブレイカーを持つがG・G・Gにより手札が1枚以下でないと攻撃できないデメリットを持つ。

コストに反して高いパワーW・ブレイカーを持つ。素のパワーも4000と《ゼンメツー・スクラッパー》《堕魔 ドゥシーザ》で沈まないラインであり、上々のスペック

デメリットG・G・Gウィニーを並べていけば3ターン目には達成できる。【速攻】では打点を稼いで活躍してくれるだろう。ただし、パワーアタッカー故に《メガ・マグマ・ドラゴン》等の火力には弱い。

環境において [編集]

双極篇環境では【“轟轟轟”ブランド】で活躍。

流石にスピードアタッカーは持たないので【“轟轟轟”ブランド】今引きすると弱い部分があり、必要に応じて枚数を抑えたり、採用を見送られる事もある「選択」の枠のカードであった。特に双・超マーク2ブロック構築環境【赤白“轟轟轟”ブランド】が1人勝ちの環境なので殴り合いが常であり、手札が増えてG・G・Gの発動が阻害されることがざらなので、尚更弱みが目立った。

【我我我ブランド】が成立すると、1ブレイクあたり1コスト分であるという考えから、疑似的な1コストウィニーとして偶に採用されるようになった。しかも手札消費は1コストウィニー2体を並べる場合よりも抑えられるため、手札に《龍装者 バルチュリス》を構える余裕が生まれやすい。相手の《リツイーギョ #桜 #満開》存在下で3ターンキルを実現するために1ターン出す数を抑えたいという思惑にも一致する。

王来篇終盤から流行し出した《一番隊 チュチュリス》型で使っても強力。2ターン目《一番隊 チュチュリス》→3ターン目こちら+《我我我ガイアール・ブランド》により、【赤単速攻】系統にも拘らずわずか手札3枚消費で7打点によるワンショットが可能になる。これには1コストクリーチャーが引けなくとも3ターンキルを実現できるという意味がある。その3枚に《“罰怒”ブランド》を足せば3ターン目にして最低ジャスキル+1体、相手の防御札を踏むタイミング次第ではジャスキル+2体に相当する打点ワンショットできる。流行した頃の時期に流行っていた【グルメ墓地ソース】《クリムゾン・ビクトリー》《闇の魔改造》1発で沈まないパワーラインなのもグッド。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]