《ウマキン☆プロジェクト》 [編集]

ウマキン☆プロジェクト SR 水/自然文明 (4)
クリーチャー:トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ 0000+
<バズレンダ>[無色(2)](このクリーチャーのコストを支払う時、追加で[無色(2)]を好きな回数支払ってもよい。このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのBR能力を1回と、追加で[無色(2)]支払った回数、使う)
BR-自分の山札の上から2枚を見る。そのうちの1枚を手札に加え、もう1枚をタップしてマナゾーンに置く。
パワード・ブレイカー(このクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
自分のマナゾーンにあるカード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+1000する。

DMRP-13で登場した/自然トリックス/サイバー・コマンド/チームウェイブ

バズレンダマナブーストタップインになった《フェアリー・シャワー》を使える。

防御力重視の【5色コントロール】ではS・トリガー持ちの《フェアリー・シャワー》に軍配が上がるが、こちらはコマンドクリーチャーなので、【青黒緑デッドダムド】など侵略を使う場合ではこちらが優先される。

【バーンメアジョーカーズ】でも優秀。そちらのデッキは4ターン目に1ショットキルできないことも多いが、そこでこのカードを打点に活かすと案外ダイレクトアタックまで持って行くことができる。最悪、GR召喚を完全に封じられてもこのクリーチャーを複数体立てつつ《奇天烈 シャッフ》を用意してそこそこ殴り切れることも。

自身の基礎スペックは、バズレンダなしの召喚でも4コストのcip込みでパワー5000と良好な部類。返しのターンで1枚マナチャージすればパワー6000となりW・ブレイカーを得ることもできる。ただ、その程度のパワーだと《グレープ・ダール》からJチェンジした《エモG》にバトルで負けるラインなので、過信は禁物。

自分のマナゾーンが10マナ以上に達すれば殴り返し要員としても上々なスペックになり、終盤はパワー13000以上まで強化して《ボルシャック・ドギラゴン》貫通のダイレクトアタック要員にするのも悪くない。

ルール [編集]

環境において [編集]

十王篇環境では【青赤緑バーンメア】【青黒緑デッドダムド】で活躍。

同シリーズのオリジナル環境ではアドバンスでも活躍していた採用デッキの【青黒緑デッドダムド】がトップメタとなっていた。

十王篇1ブロック構築環境では《勝熱英雄 モモキング》系列で使われた。深く考えず4→6と《勝熱英雄 モモキング》に繋げるのが強力。6マナだとこのクリーチャーはW・ブレイカーに育っているはずなので、このクリーチャーで2枚ブレイクしてから《勝熱英雄 モモキング》の耐性を活かして3枚ブレイク、ダイレクトアタックという動きを行うことができる。しかも基本的に自分のターン中に手札からマナゾーンのカードをタップしてコストを支払っての召喚でこの2体を並べることになるため、《奇石 ミクセル》方式のマナゾーンの枚数よりもコストの高いクリーチャーメタを除けばコスト踏み倒しメタにも引っ掛からない。

ところが王来篇環境に入ってしばらくすると立場が一変。自身が殴り手となることを重視しないデッキでは、見た2枚以外からも回収できる《【マニフェスト】チームウェイブを救いたい【聞け】》が採用されたり、ササゲール成功時には《ウマキン☆プロジェクト》以上の戦力を生み出す《妖精 アジサイ-2》に枠を譲るようになっていった。とはいえ《轟く革命 レッドギラゾーン》プランを重視するデッキには、通常の状況において大抵2打点となっていることから《轟く革命 レッドギラゾーン》による打点補強効果の影響を受けやすいということで相性が良く、依然全く使われない訳ではない。

後に《CRYMAX ジャオウガ》が登場すると、《CRYMAX ジャオウガ》型の【青黒緑デッドダムド】で使われるようにもなった。最速4ターンキル、安定5ターンキルにおける打点として役立つ。もっとも、cipを使い終わったらそれっきりで耐性常在型能力もなく、《CRYMAX ジャオウガ》でフィニッシュするルートにおいてはそうした能力のあるカードの方が脇に置くには優秀なため、すぐにこちらの採用はマチマチになった。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

  • 能力の使いやすさと汎用性から、登場からしばらくの間は十王篇のカード全体から見てもシングルカードはかなり高めで取り引きされていた。
    だが上述した競合カードの登場やDMBD-19で複数枚収録されたこともあり、現在はかなり落ち着いた価格帯となっている。
  • DMRP-20にて広江礼威氏のイラストで再録した。
    • 《ウマキン》を女性の姿で擬人化したような見た目をしており、かなりプロポーションが強調されている。収録パックの発売時期的に別社の「ウマ娘」が話題になっている時期であり「ウマ娘化したウマキン☆プロジェクト」という意図だろうか。なお広江礼威氏はウマ娘には参加経験はない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の《地封龍 ギャイア》がバトルゾーンにいる状況で、自分は《ウマキン☆プロジェクト》を召喚しました。どうなりますか?
A.バトルゾーンに出ます。《ウマキン☆プロジェクト》の能力のように、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」でテキストが始まっていない場合、《地封龍 ギャイア》の置換効果は適用されません。
引用元(2020.12.15)