海姫龍(かいひりゅう) ライベルモット・ビターズ》 [編集]

海姫龍 ライベルモット・ビターズ SR 水文明 (5)
進化クリーチャー:スプラッシュ・クイーン・ドラゴン 7000
S・トリガー
進化:自分のスプラッシュ・クイーン1体の上に置く。
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の手札を3枚まで裏向きにして、それぞれ新しいシールドとしてシールドゾーンに加え、その後、同じ数のシールドを手札に戻す。(その「S・トリガー」を使ってもよい)

DMEX-12にて登場した進化スプラッシュ・クイーン・ドラゴン

種族スプラッシュ・クイーン・ドラゴン進化クリーチャー
アタックトリガー《マーシャル・クイーン》cipと同じ能力を使える。

《マーシャル・クイーン》同様S・トリガー暴発に使える。
《マーシャル・クイーン》よりコストが重いが、能力アタックトリガーなので暴発の前にシールドに仕込みを入れられる。

また、このカード自身がS・トリガーを持っているため、《マーシャル・クイーン》cip暴発させてそのまま進化させることが可能。
《マーシャル・クイーン》cip《オールデリート》を仕込みつつこのカードと《星龍の記憶》暴発させ、このカードのアタックトリガーS・トリガー付与した《オールデリート》暴発させればそのままゲームエンドまで持っていける。

上記のコンボを成立させるには、シールド交換、さらにはS・トリガー付きのカードを必要とするので、《マリブ・リッキー》などで手札を増やしておくのが堅実である。

また革命チェンジとの相性も非常に良い。S・トリガーを持つ《電磁麗姫ジェリー》を進化元にした《ビターズ》をチェンジ元にすれば、手札に帰った《ジェリー》と《ビターズ》をシールドに埋めて出し直し、アタックトリガーを再利用することができる。
中でも水文明光文明の鉄板チェンジ先である《時の法皇 ミラダンテXII》や、次のS・トリガーを引き込みつつ除去ハンデスを両立する《完璧問題 オーパーツ》との相性は最高。《オーパーツ》はファイナル革命を持たないため、《ミラダンテⅫ》のファイナル革命の発動を邪魔しない事から連続チェンジによる両立も可能。

  • イラストはスプラッシュ・クイーン的なセクシーな体つきのドラゴン。漫画版ではかなり顕著であり、TCG版でも大きい胸がさらに大きく描かれている。
  • 名前の由来は「ライ・ウイスキー」「ベルモット」「ビターズ」で、それぞれがアルコール飲料の1ジャンル。これだけだとスプラッシュ・クイーンの命名法則から少し外れているように見えるが、この3種類を合わせるとカクテルの女王とも呼ばれる「マンハッタン」が完成する。これは進化のスプラッシュ・クイーンの命名法則が軍の階級である事から、アメリカの軍事作戦である「マンハッタン計画」にかかる仕組みである。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》Aが攻撃して、その「攻撃する時」の能力により《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》Bがシールドから手札に加わりました。Bの「S・トリガー」を宣言して、BAの上に進化した場合、Bの「攻撃する時」の能力も使えますか?
A.いいえ、使えません。「攻撃する時」というタイミングは既に過ぎているためです。
引用元

Q.《星龍の記憶》を唱えた後、《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》の「攻撃した時」の能力で手札からシールドに新しく置いたカードは「S・トリガー」を得ますか?
A.いいえ、《星龍の記憶》の効果解決後にシールドゾーンに置かれたカードは「S・トリガー」を得ません。
引用元

Q.バトルゾーンに自分のスプラッシュ・クイーンが1体もいない状況で、自分のシールドが2つブレイクされ、それが《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》《電磁麗姫ジェリー》でした。この2枚の「S・トリガー」の使用を宣言し、先に《電磁麗姫ジェリー》を出してからその上に《海姫龍 ライベルモット・ビターズ》を進化することはできますか?
A.はい、できます。
引用元