光神龍(こうしんりゅう)オメガ・アルティメット》 [編集]

光神龍オメガ・アルティメット R 光文明 (6)
クリーチャー:アポロニア・ドラゴン/ハンター 5000+
このクリーチャーのパワーは、バトルゾーンにある自分の他のハンター1体につき+5000される。
クルー・ブレイカー:ハンター(このクリーチャーは、バトルゾーンにある自分の他のハンター1体につき、シールドをさらにもう1枚ブレイクする)

DMR-03で登場したアポロニア・ドラゴン/ハンター

クルー・ブレイカーで、味方ハンターの数だけブレイクする数が増える。
《アルティメット・ドラゴン》文明/ハンター版と言える。

ハンタードラゴンよりも軽量クリーチャーが多く、並べやすいという点では本家よりも優秀。
小型ハンターが並ぶ【光ハンター】では《豪遊!セイント・シャン・メリー》と共にフィニッシャーとなりうる。4体前後のハンターを揃えて一気に1ショットキルを狙いたい。

それ以外でも《カモン・ピッピー》で最大3体のハンターを出すことができるため、強化できないという心配はほとんどいらないだろう。《反撃の城 ギャラクシー・ファルコン》を使えば一気に奇襲を仕掛けることができる。ハンターが大量に並ぶ【カイザー「刃鬼」】でも採用圏内。

この手のクリーチャーのお約束として、ブロッカーを複数並べられると止まってしまう。幸いにもなので《光器ララバイ》《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》などでタップしていくといいだろう。が入るなら《GENJI・ボーイ》という手もある。

爆発力は高いので、うまくデッキビルディングを工夫していきたい。

漫画「ビクトリー」ではべんちゃんがドラゴン龍戦で使用。他にハンターが展開していたことにより、一気に大量にシールドブレイクした。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

DMPP-17で実装。レアリティアンコモンに下がった。

《アルティメット・ドラゴン》と同じくクルー・ブレイカーパワード・ブレイカーに変更されたが、あちらと違いコストは下がらなかった。ハンタードラゴンよりも並べやすい点を警戒されたか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]