《ウェディング・ゲート》 [編集]

ウェディング・ゲート R 闇文明 (6)
呪文
S・トリガー
光でも進化でもないエンジェル・コマンドを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。

開運ビクトリーパック Vol.3で先行登場し、DMR-06に収録されたS・トリガー呪文

でも進化でもないエンジェル・コマンドを2体まで、自分の手札からコスト踏み倒しで呼び出す効果を持つ。

登場当初こそ対象となるクリーチャーが少なかったが、DMX-11エンジェル・コマンドが増えたことによって大幅に使いやすくなった。
コストエンジェル・コマンドはいずれも高いカードパワーを持っているため、一気に2体も出されれば相手にとってはたまったものではない。

後に無色エンジェル・コマンドが登場し、中でも《「十尾」の頂 バック・トゥ・ザ・オレ》《聖霊左神ジャスティス》は自身の能力によって更に《ウェディング・ゲート》を唱えることが可能であり、また新たなデッキタイプを構築できるようになった。

《ヘブンズ・ゲート》と同じく豪快なコスト踏み倒しが可能なカードである。出せるエンジェル・コマンドおよび、専用デッキについては【ウェディング・ゲート】を参照のこと。

ルール [編集]

環境において [編集]

最も活躍したデッキは、《テキサス・ストーム》を獲得したDMRP-02期から《龍素知新》殿堂入りに指定された2018年3月1日までの間の【知新ジャスティス】。当時墓地利用メタも貧弱なものが殆どであったため、墓地肥やしを必要とするループとして【知新ジャスティス】は非常に安定感が高かった。

【ドルマゲドンX】におけるカウンターでの打点補強手段として利用されることもあり、新章デュエル・マスターズにそのような使い方が比較的多かった。勿論召喚ではないので《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》は外せないが、当たり前のように4ターン目前後で勝負が決まる高速環境において純粋に打点を並べて返しに1ショットキルするための手段として利用されていた。

王来篇環境では、多色エンジェル・コマンドが強化されたことを受けて、【ウェディングジョー星】のギミックで出すデッキがちらほら見られるようになった。

他のカード・デッキとの相性 [編集]

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]