邪王極限怒号掌(じゃおうきょくげんどごうしょう) [編集]

邪王極限怒号掌 R 闇文明 (5)
呪文
相手は、次のうちいずれか1つを選ぶ。
▶相手は自身のマナゾーンにあるカードをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。
▶相手は自身のクリーチャーをすべて破壊する。

DMRP-22で登場した呪文

相手のマナゾーンにあるカード全てのフリーズと、相手のクリーチャーへの全体除去からモード相手に選ばせる

《ヤバスギル・ラップ》《夢幻の無》のように、相手依存である代わりに高い出力を発揮する呪文の一種。

2つの選択肢はどちらも強力ではあるが、相手のバトルゾーンが整っているほど、相手は破壊を選ばない可能性が高い。
逆にバトルゾーンが整っていなければ、相手は破壊を選ぶ可能性が高いため、どちらを選ばれても十分なアドバンテージを得られる発動のタイミングをしっかり見極める必要がある。

特に1ショットキル前や、中速ビートダウンの攻撃前に使ってやると効果的。
相手がS・トリガーなどで生き延びたとしてもブレイクされた手札を使えない、もしくはクリーチャーが全滅した状況なら殴り返しも出来ない為、逆転の可能性を確実に閉ざしていける。

  • フレーバーテキストではゲンムエンペラーが倒されている。十王篇においてもゲンムエンペラーはジャオウガに敗北を喫しており、そちらにとっては相性の悪い相手と言えよう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]