《メビウス・チャージャー》 [編集]

メビウス・チャージャー UC 自然文明 (3)
呪文
自分のクリーチャーを1体マナゾーンに置く。
チャージャー(この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにマナゾーンに置く)

DM-07で登場した自然チャージャー呪文

チャージャーの付いた《ガイアズ・ソング》

2ターン目の《アストラル・リーフ》からこれを使い、一気に3マナも増やす【ターボメビウス】の基盤となった。
後に《アストラル・リーフ》殿堂入りすると、このカードも使われなくなっていった。

《守護聖天ラルバ・ギア》などの低コストcip進化クリーチャーと組めば、《アストラル・リーフ》ほどではないものの大きなアドバンテージを得られる。
また《龍仙ロマネスク》などのデメリット持ちクリーチャーを場から離すためにも使える。
そこまでせずとも、単に使い終わった小型cipマナブーストに転用するだけでも十分に強力。

  • 効果強制。味方が1体でもいれば必ずマナ送りしなければならない。
  • 実用性とは裏腹に再録が全く無い為DM-07の中では高値で取引されていたが、DM22-EX1において初且つ19年ぶりの再録が行われた。

サイクル [編集]

DM-07で初登場したチャージャー呪文

DMPP-06チャージャー呪文

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-07DMPP-06
    肉体という器を捨て、生命の大河は流れ続ける。
  • DM22-EX1
    蒼狼の一族は5柱のを呼び出した。そのうち1柱は彼らの神話を語り継ぐための物語を生み出す神だった。だが、皮肉にも神自身の物語が語られることはなかった。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]