DM-03 (だい)3(だん)超戦士襲撃(マスター・オブ・デストラクション) [編集]

通算3つ目のエキスパンション。2002年10月17日発売。1パック5枚入りで価格は150円(税抜)。全60種類。現在は絶版。
テーマは単色マナゾーンにあるカード単色だとパワーアップしたり、自分の他の同一色クリーチャーをサポートするカードが登場。
シールド墓地マナゾーンなどに関連するカードも多数登場し、今までクリーチャーの殴り合いがメインだったゲーム性に幅が生まれた。

有名なカードとして、

などがある。

新機軸のギミックは多かったが、DM-02に比べると全体的にカードパワーが低く、後に続く奇数弾の法則を生み出した不遇のエキスパンションでもある。
商材としての評価は低く、シングルカードで済ますプレイヤーも多く、前後の弾に比べるとそれほどの人気はでなかった。
とはいえ、《ストリーミング・シェイパー》《エメラル》など当時から[青単系統で活躍したカード、《デビル・ドレーン》のように後にスーサイド系のデッキで使われるようになったカードなどが登場しており、いずれも後に殿堂入りを果たしている。また、《デビル・ドレーン》も然ることながら、《逆転のオーロラ》《ボルカニック・アロー》《スネークアタック》など、矢鱈とスーサイド系が充実している。

  • このエキスパンションから、カードテキストの書式が多少変化した。以前はMagic:The Gathering風で能力ごとの区切りが無かったが、今弾からは文頭に「■」が付いて整理され、テキストが分かりやすくなった。

収録カード [編集]

スーパーレア 5種類 [編集]

ベリーレア 5種類 [編集]

レア 15種類 [編集]

アンコモン 15種類 [編集]

コモン 20種類 [編集]

参考 [編集]