《フレア・フュージョン・ドラグーン》 [編集]

フレア・フュージョン・ドラグーン SR 火文明 (7)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 6000
バイオ・K:自分のティラノ・ドレイクが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、このカードを自分の手札から捨ててもよい。そうした場合、相手クリーチャーをパワーの合計が3000以下になるように好きな数選び、破壊する。
W・ブレイカー

DM-23で登場したティラノ・ドレイクバイオ・K除去を行うことができる。

対象は3000以下。《インフェルノ・シザース》で代用出来るという点で少々物足りないものの、やはり「ノーコスト」という点は強力。
序盤に出てくる、相手の殴り返し要員や小型システムクリーチャー程度なら難なく除去できるのは魅力的である。その場合は奇襲性が高い《ブレイブハート・ドラグーン》などが好相性。

また、《ペインシュート・ドラグーン》《機動闘竜メタルクロー》パワーを下げてから一掃したり、《竜脈のダンジェン》で連発してみるのも面白い。

  • 実際のカードテキストではW・ブレイカーの注釈文において「シールドを2枚破壊する」という表記がなされている。もちろん誤植であり、「シールドを2枚ブレイクする」が正しい。これは同エキスパンションの《蒼神龍リフレイン・アビス》も同様である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

フレア・フュージョン・ドラグーン R 火文明 (7)
クリーチャー:ティラノ・ドレイク 6000
バトルゾーンに出た時、相手のパワー5000以下のクリーチャー1体を破壊する。
自分のティラノ・ドレイクが相手プレイヤーを攻撃してブロックされなかった時、相手のパワー3000以下のクリーチャーがあるなら、このカードを手札から捨てる。そうした場合、相手のパワー3000以下のクリーチャー1体を破壊する。
W・ブレイカー

《奇術ロボ・ジェントルマン》と同じく、バイオ・Kという用語は削除された。

効果そのものは、任意から強制になっており、3000割り振り火力から3000単体火力に変更もされる弱体化を受けている。

しかし、クリーチャーとしてプレイした場合には、cipで5000火力を放てるよう強化を受けた。
TCG版ではクリーチャーとして召喚しても低スペック準バニラのため出す必要は皆無だったが、デュエプレではまだ出す場面がありえるスペックとなっている。

  • 相手のクリーチャーがパワー3000以下のpig持ちのみのときは注意。破壊が強制なのでpigを発動させてしまう。
  • また、相手のクリーチャーがパワー3000以下のアンタッチャブルのみの場合も注意。例えば、《暴走機械オーバースキル》だけなら、パワー3000以下のクリーチャーがあるため強制で捨てられてしまうが、選ぶことができないので《オーバースキル》を破壊できないと思われる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]