怪魔城(かいまじょう) ポチョムキン》 [編集]

怪魔城 ポチョムキン R 闇文明 (1)
相手のクリーチャーが攻撃してブロックされなかった時、攻撃の後、そのクリーチャーを破壊する。

DM-31で登場した

相手クリーチャー攻撃を半恒久的に擬似ロックすることができる。

効果シールドブレイクだけでなくクリーチャーへの攻撃に対しても適用されるため、間接的に自分のクリーチャー全てが《爆弾人形ニヤーリ》に近い性能となる。

要塞化するとビートダウンなら間違いなくこのを狙ってくるので、なんらかの方法で守ってやる必要がある。シールド・セイバー《蒼神龍アル・バビロン》とは相性が良いので、それらで対応しよう。最低でもこの要塞化したシールドを割ったクリーチャー破壊する事はできる。

今まで殴り返しに回していたクリーチャー達が相手への攻撃に専念できるようになるため攻撃力の上昇に繋がるともいえる。

ブロッカー以外の方法で攻撃を阻止すれば相手の攻撃クリーチャー破壊されるため、このを守る際はできるだけそれらと組み合わせたい。具体的にはシールド・セイバー可能であれば攻撃する能力メタリカアンタップ能力による攻撃誘導、ガードマンなどがある。

  • メタリカアンタップ能力はもともと攻守の両立ができる点が強みだが、このとの組み合わせにより、上述のようにその両面を強化することができる。

その他 [編集]

  • 元ネタは「戦艦ポチョムキン」。「第1ロシア革命20周年記念」として1925年に公開されたセルゲイ・エイゼンシュテイン監督のソビエト連邦のサイレント映画。1905年に起こされた戦艦ポチョムキン反乱を元に製作されている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

怪魔城 ポチョムキン R 闇文明 (1)
相手のクリーチャーが自分を攻撃してブロックされなかった時、攻撃の後、そのクリーチャーを破壊する。

破壊対象が「自分を攻撃して」に変更された。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-11
    叩けばその分、痛みが返ってくる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]