熱血星龍(ねっけつせいりゅう) ガイギンガ GS(ジーエス) [編集]

熱血星龍 ガイギンガ GS P 火文明 (7)
クリーチャー:ガイアール・コマンド・ドラゴン 9000+
G・ストライク(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、相手のパワー7000以下のクリーチャーを1体破壊する。
バトル中、このクリーチャーのパワーを+4000する。
相手がこのクリーチャーを選んだ時、このターンの後にもう一度自分のターンを行う。

DMSP-02で登場したガイアール・コマンド・ドラゴン

《熱血星龍 ガイギンガ》のリメイクカードだが、ドラグハート・クリーチャーから通常のクリーチャーになっている。
それに伴い龍解した時の火力cipに変更されている。

《熱血星龍 ガイギンガ》の強みはこのクリーチャーより1コスト軽い《龍覇 グレンモルト》からついでのように出て来ることにあったため、1コスト違うだけで随分と使い勝手が異なってくるだろう。

類似スペックとしては革命チェンジを持ち、より着地の条件が緩い《シン・ガイギンガ》があるが、あちらは速攻向きのスペックであり、こちらはマナがよく伸び、かつ手札管理がシビアな【モルト NEXT】のような【準赤単】系統に採用が検討できる。

単体でスピードアタッカーと7000火力を持つため手打ちでも相応の働きが期待でき、《爆銀王剣 バトガイ刃斗》等で捲れても即座に打点になるのが大きい。同デッキでは不足しがちな受け札も兼ねられるのも評価点と言える。

環境において [編集]

王来篇環境初期においては【5色グレンモルト】耐性持ちによる雑殴りプランを取るために使われることがたまにあった。

《樹食の超人》【墓地ソース】【グルメ墓地ソース】)でも《超七極 Gio/巨大設計図》呪文面で回収できる上に疑似アンタッチャブルで膠着状態を打破することを期待して採用される場合がある。ただし、メインの勝ち筋に関与しづらいため、王来篇環境 (オリジナル)では偶に好みに合わせて単色マナ要員感覚で1枚積みされる程度。王来篇環境 (オリジナル)における活躍はこれがメイン。

ドラゴン参照系マナブーストで不発にならないG・ストライク付きフィニッシャーであることから、【白青赤緑ドラグナー】に採用される場合もある。

単色版《禁断竜王 Vol-Val-8》感覚で、退化系統に《竜魔神王バルカディア・NEX》での呼び出し先として投入されることがある。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]