電磁勇騎(でんじゆうき)ソウジ》 [編集]

電磁勇騎ソウジ UC 水/火文明 (3)
クリーチャー:サイバーロード/ヒューマノイド/サムライ 3000
攻撃する時、自分の手札からクロスギア1枚をバトルゾーンに出してもよい。そうしなかった場合、カードを1枚引く。

DMPP-10EXで登場したゲームオリジナルカード

ノーコストで特定のカードタイプを踏み倒しできるというのは言うまでもなく強力。《魔軸の鎖 カメカメン》のように「コスト○以下の」という制限もない。自身がコスト3ということもあり最速4ターン目から効果を連打していける。

《竜装 シデン・レジェンド》のようなcip持ちクロスギアを出せばアタックトリガーかのようにその能力を使え、次のターンにはクロスも狙える。
クロスギアが手札にない場合や、クイック・ピックの際ピックできなかった等でクロスギアを一切入れていないデッキでも、《ウォルタ》を多色にしパワーが上げたクリーチャーとして使える。

考えなしにクロスギアを出していると、自分の手札がなくなって今引きに頼る羽目になりかねない点には注意が必要だろう。

シールドブレイクは相手への手札補充になるというゲームシステム上、勝利に到達しない中途半端な攻撃では利敵行為になってしまう。
そのため、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》でのスピードアタッカー付与や、踏み倒したサムライクロスギアを利用した《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》G・ゼロと組み合わせて、相手に手札を使い切るスキを与えないビートダウンが望ましい。

環境では【赤青サムライ】などの呼び方でそのアーキタイプに《電磁勇騎ソウジ》が入って活躍していたが、環境の高速化に追いつくため《戦風の弓取ヨイチ》《助太刀 メモリー・アクセラー》《電磁闘竜トモエ》などが入るようになると、即効性のないコスト3では重い《電磁勇騎ソウジ》は抜けていった。

  • 名前の由来は新撰組の「沖田『総司』」だろうか。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-10EX
    勇気なきものに、勝利なし!――電磁勇騎ソウジ

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]