《ボルット・紫郎(しろう)・バルット》 [編集]

ボルット・紫郎・バルット R 火文明 (4)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 3000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中からクロスギアを1枚選び、相手に見せてから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
バトルゾーンにある自分の、名前が《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。

DM-29で登場したファイアー・バード/サムライ

クロスギアサーチ能力ボルバルザーク・紫電・ドラゴンの名称カテゴリのカードにスピードアタッカーを付加させる能力を持つ。
《東風の賢者ギュルカス》のほぼ上位互換

重量級クロスギアを4マナ圏でサーチし、次のターン侍流ジェネレート持ちのサムライ召喚する流れが非常に強力。
山札からサーチするので、《バジュラズ・ソウル》などの殿堂入りカードも邪魔されることなく手札に加えられる。
返しのターンで相手のハンデスが刺さらなければ理想的といえるだろう。

ボルバルザーク・紫電・ドラゴンを強化する能力も強力。
《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》サーチすれば、4→5→6の流れで豪快に攻め込むことが出来る。
また、《コッコ・ルピア》→このカードで《竜装 シデン・レジェンド》サーチ《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》と繋ぐことで、場合によっては一気に勝負を決めることも出来る。

  • DMC-56で、「バトルゾーンにある、名前が《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のクリーチャーはすべて「スピードアタッカー」を得る。」と書かれていた。これに対しては公式にエラッタが出され、相手の《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》はスピードアタッカーを得ることはない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ボルット・紫郎・バルット R 火文明 (3)
クリーチャー:ファイアー・バード/サムライ 2000
バトルゾーンに出た時、自分の山札からクロスギアを探索し、1枚を公開してから手札に加えてもよい。その後、山札をシャッフルする。
自分の《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》はすべて「スピードアタッカー」を得る。

コストパワーが下がった。

登場時点では貴重なクロスギアサーチ能力を持ったクリーチャー。
コストが下がったことにより3→4と《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》に繋がるようになったのは嬉しい。

《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》のサポートカードとして見るなら《聖鎧亜ジャック・アルカディアス》《竜極神》火力圏内に入った点は少し気がかりかもしれない。実際はサーチしてきた《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》で容易にスピードアタッカー付与を達成できるのでそこまで気にならない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-29DMPP-10
    誇り高き翼が導く先に、紫の嵐が吹き荒れる。
  • プライズ
    出陣だっピ!――ボルット・紫郎・バルット

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]