《ボルザード・ドラゴン》 [編集]

ボルザード・ドラゴン VR 火文明 (6)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000
このクリーチャーが攻撃する時、相手のマナゾーンからカードを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

DM-02で登場したアーマード・ドラゴン

アタックトリガーによりランデスを行える。

初代ランデスクリーチャー
【ドラゴンランデス】ではおなじみの1枚であり、《超竜バジュラ》進化元として使われることもある。

ランデスは基本的に強力な戦術ではあるが、アタックトリガーゆえに起動に時間がかかる。このクリーチャーは6マナとやや重く、召喚酔いも考慮すると実際に能力を使えるのは7マナ貯まってからとなる。

1マナのみのランデスであるため、実際の所ロック力はそこまで高くはない。返しのターンチャージされれば、減らしたマナは元の枚数に戻ってしまう。

6コストにしてはパワーがやや小さく、W・ブレイカー等も持たないので、このカードは補佐として《マナ・クライシス》《焦土と開拓の天変》と併用し、連続したランデスで畳みかけてやると効果的か。

しかし、現在では《メガ・マナロック・ドラゴン》という強大なライバルが存在している。あちらはバトルゾーンに出した時にも能力を使用でき、状況次第では複数枚のマナフリーズできるという強力なランデスが可能。
後に《メガ・マナロック・ドラゴン》は殿堂入りしたが、それでも火のランデスの定番として使われている。

あえてこのカードを使うならば、アーマード・ドラゴンであることを活かすなど、何らかの差別化を図りたい。

  • アニメ「デュエル・マスターズ」では難波 金太郎が使用した。
  • アニメ「デュエル・マスターズ」では「どんな高熱にも溶けない鎧をまとい、両腕には炎の刃ボルソニックブレイドを装備する」と説明された。

関連カード [編集]

相互互換 [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]