《サッヴァーク <マン.Star(スター)>》 [編集]

サッヴァーク <マン.Star> VR 光/水文明 (4)
スター進化クリーチャー:マスター・ドラゴン/スターノイド/レクスターズ 7500
スター進化:レクスターズ、光のクリーチャー、または水のクリーチャー1体の上に置く。(このクリーチャーが離れる時、かわりに一番上のカードが離れる)
W・ブレイカー
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにシールド化してもよい。

DMRP-18で登場した/マスター・ドラゴン/スターノイド/レクスターズスター進化クリーチャー

アタックトリガー山札の上から1枚目を表向きシールド化できる能力を持つ。

表向きなので、ギャラクシールドシールド・ゴー本家サッヴァークとの組み合わせも考えられる。
単純なシールド追加では侵略で出しやすい《三界 ナラカ・マークラ》がカベとなるので一工夫必要。

なお、シールド化任意であるため無理に行う必要は無い。

《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》とは相性がいい。マスター・ドラゴンなのでアタック・チャンスに対応しているのはもちろんのこと、このクリーチャーシールド追加によって《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》を確実に置換効果シールドゾーンに置くことができる。

  • カード名の「マン.Star」をひっくり返すと「スターマン」になる。そして、種族は「マスター・ドラゴン」「スターノイド」「レクスターズ」とスターづくしである。
    • スター進化クリーチャーは、力を借りたクリーチャーの名前の一部分のみ受け継ぐことも多い(例:エターナル・フェニックスならエタフェニ)。とはいえここまで短縮されたクリーチャーは類を見ない。
      • 一応このクリーチャーの登場時点において、「マン」を名前に含む光/水のクリーチャーは《英霊王スターマン》しか存在していない。
  • 3種目となるスターノイド

関連カード [編集]

その他 [編集]

アニメ『デュエルマスターズ・キング!』38話の「エスパー・マギ(《天龍神アークゼオス》憑依状態)vsキラ」でキラが使用。《「正義星帝」 <鬼羅.Star>》アタックトリガーで、《煌星龍 サッヴァーク》からスター進化した(番組後期にしては珍しく進化プロセス付き)。進化したターンでは、《ブレイン・Re:チャージャー》G・ストライクで何も出来なかったが、次のターンでは《天ニ煌メク龍終ノ裁キ》による二回攻撃で、キラの勝利に大きく貢献した。なおシールド追加能力は使われた描写はなかった。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMRP-18
    英霊王の魂は自らの叡智を授けるに足る器を持つ者を求め、そしてついに出会ったのだった。

収録セット [編集]

参考 [編集]