摩破目(まっはもく) ナトゥーラ・トプス/ストンピング・ウィード》 [編集]

摩破目 ナトゥーラ・トプス P 自然文明 (8)
クリーチャー:ジュラシック・コマンド・ドラゴン 12000
マッハファイター
T・ブレイカー
ストンピング・ウィード P 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目を、マナゾーンに置く。その後、カードを1枚、自分のマナゾーンから山札の一番上に置いてもよい。

DMBD-05で登場したジュラシック・コマンド・ドラゴン自然呪文ツインパクト

クリーチャー面はマッハファイターT・ブレイカーのみという淡白なスペック
コマンド・ドラゴンまたはパワー12000という点を活かしたい。《紅神龍バルガゲイザー》でなどで踏み倒し、巨大パワーで攻撃してやろう。
ただ、素のスペックは準バニラと大差がないため、《恐龍界樹 ジュダイオウ》で相手を止めて余裕が出来た時に打点補強と盤面処理のためにバトルゾーンに出すという感覚で運用するのが真剣勝負では主であろう。

呪文面は自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置いた後、カードを1枚、自分のマナゾーンから山札の上に置ける効果を持つ。
マナブーストマナゾーンカードを1枚トップに置く事による山札操作およびそれに伴う擬似マナ回収を行える。マナブースト強制だが、マナを山札の上に置く効果は任意である。

特に【連ドラ】と相性が良く、デッキのドラゴン比率を上げつつマナブーストが可能な上に、山札操作で置いたドラゴン《竜星バルガライザー》《爆銀王剣 バトガイ刃斗》などでのコスト踏み倒しに繋げるコンボも狙える。
ドラゴン種族に持つクリーチャー面と初動マナブーストが務まる呪文面があるおかげで《メンデルスゾーン》がフルスペックを発揮しやすくなるという利点もある。

【モルト NEXT】では《フェアリーの火の子祭》よろしくカードではないので、マナに落ちると思わぬ事故要因になる。そのため、《超戦龍覇 モルト NEXT》のマナ武装を余裕で達成できるよう10マナ伸ばすことが求められる場合があり、つまりこれを採用するなら構築もコントロール寄りにするのが適切。

山札操作によってガチンコ・ジャッジを補助できるので【カイザー「刃鬼」】とも相性が良い。特に1回のガチンコ・ジャッジが勝敗を決する《勝利宣言 鬼丸「覇」》プランにうってつけだろう。

ライバルとなるのは、同じくツインパクト《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》及び《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》だろう。
前者とはパワー12000という点、後者とはドラゴンである点が共通しているが、どちらと比べても呪文面はともかくクリーチャー面の能力が貧弱なのがネックとなる。
前述した山札操作コンボにどれだけ重きを置くのかが採用の焦点となるだろう。

後に《終末縫合王 ミカドレオ》が登場した事で評価が上昇。こちらはコスト8のクリーチャーである為、エクストラウィンに貢献できるのが《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー》には無い利点。
《黒豆だんしゃく》とは盤面制圧性能や、山札操作によって《ミカドレオ》のコスト踏み倒しに貢献できる点で差別化できる。

環境において [編集]

《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》が登場するまでの間、【モルト NEXT】においてドラゴンサポートを受けられるマナブースト呪文として利用された。

その他 [編集]

  • 「ナトゥーラ(natura)」はイタリア語で「自然」を意味する。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]