《*/零幻(れいげん)ノギューゾ/*》 [編集]

※正式な表記は《*/零幻ノギューゾ/*》だが、ページ名はこのWikiの仕様上《*/零幻ノギューゾ/*》と表記する

*/零幻ノギューゾ/* UC 水文明 (2)
オレガ・オーラ:トリックス/デリートロン +0000
自分のターンのはじめに、[水(2)]を支払って、手札にあるこのカードを捨ててもよい。そうしたら、相手のコスト3以下のクリーチャーを1体、持ち主の手札に戻す。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

DMEX-19で登場したトリックス/デリートロンオレガ・オーラ

自分のターン開始ステップコストを支払う事で手札のこのカードを捨ててコスト3以下の相手クリーチャー1体をバウンスできる。

主な使い方としてはGR召喚を阻害するシステムクリーチャーバウンスして、その隙に別のカードGR召喚を行うといったところか。
しかし、コスト2を支払わないといけないのであれば《スパイラル・ゲート》の存在が大きい。
さりとて、普通に使っても《幽鬼ギザノッコ》と同スペックなので、相手への妨害を兼ねた使用はほぼ必須である。

このカード独自の強さを見出すのであれば、やはりオレガ・オーラである点。《∞龍 ゲンムエンペラー》《地封龍 ギャイア》《聖魔連結王 ドルファディロム》などに規制されずに能力を使用できる。
だがその場合、コスト3以下という範囲でバウンスするなら、コスト2までだが召喚ロックを兼ねる《「敬虔なる警官」》の方が良い場合も考えられる。

背景ストーリーにおいて [編集]

Instant Waveを運営する3基のスーパーコンピュータのうちの1基「知識のノギューゾ」。3基のうち唯一美孔麗王国のハッキングを免れている。

十王篇背景ストーリーが初出だが、カード種別は超天篇で登場したオレガ・オーラである。フレーバーテキストから察するに、《ア・ストラ・ゼーレ》の管理下にあった頃の姿と思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考タグ [編集]