剛撃無双(ごうげきむそう)グリーン・バルト》 [編集]

剛撃無双グリーン・バルト VR 自然文明 (7)
クリーチャー:ジャイアント/アース・ドラゴン 9000
W・ブレイカー
このクリーチャーが破壊された時、進化でない自然のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出してもよい。

DM-37で登場したジャイアント/アース・ドラゴン

pig手札進化でない自然クリーチャーを1体、コスト踏み倒しする能力を持つ。
ドラゴンでありジャイアントであるため、《コッコ・ルピア》《西南の超人》コスト軽減をすることが可能。特に《西南の超人》からはそのまま繋ぐことができる。
効果も強力で、進化ではないことと文明の縛りしかないので、幅広いクリーチャーを出すことができる。特にシナジーが強いのは《剛撃戦攻ドルゲーザ》であろう。

しかし、コスト軽減できるクリーチャーが多いといっても、このクリーチャーコスト踏み倒し能力で呼び出すクリーチャーもそれらのコスト軽減対象となっている場合が多く、このクリーチャーを介してバトルゾーンに出すよりも、手札から直接出した方が早い場合が多い。
踏み倒しを狙うより、相手に除去を躊躇わせる状況に持ち込む方が容易。例えば、手札をキープしつつターンエンド宣言をするだけで、相手はハンデス除去の順序を考えざるを得なくなる。破壊以外の除去に対しては無力だが、確実に相手の選択肢を狭めることができるだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

剛撃無双グリーン・バルト R 自然文明 (7)
クリーチャー:ジャイアント/アース・ドラゴン 9000
W・ブレイカー
破壊される時、かわりにマナゾーンに置く。その後、自分のマナゾーンからコストの最も大きい、《剛撃無双グリーン・バルト》以外の自然のクリーチャー1枚をバトルゾーンに出す。(複数あるなら、その中からランダムに1枚)

レアリティベリーレアからレアに下がり、マナゾーンへの破壊置換効果を得た。
またコスト踏み倒しするゾーン手札からマナゾーンに変更となり、踏み倒しの対象も「《剛撃無双グリーン・バルト》以外の最もコストの大きい自然クリーチャー」に変更された。
コスト踏み倒し強制かつ自分で選べなくなったが、進化クリーチャーも踏み倒せるようになった。

《超天星バルガライゾウ》と好相性。《ライゾウ》はコスト9のため「コストの最も大きいクリーチャー」になりやすく、マナゾーンに送られたばかりの《グリーン・バルト》自身をマナ進化GVのタネにできる。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]