(しん)天命王(てんめいおう) ネオエンド》 [編集]

新・天命王 ネオエンド SR 光文明 (10)
クリーチャー:エンジェル・コマンド・ドラゴン 14500
ブロッカー
T・ブレイカー
自分のドラゴンが攻撃する時、相手のクリーチャーを1体選び、タップする。次の相手のターンのはじめに、そのクリーチャーはアンタップしない。
自分のドラゴンがバトルゾーンを離れる時、かわりに自分のシールドを2つ、手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない。

DMEX-01で登場したエンジェル・コマンド・ドラゴン

自軍のドラゴンに敵1体をフリーズするアタックトリガー真・エスケープ付与する。

バトルゾーンに残るのにシールド2枚を要求するのはやや厳しいが、除去耐性のあるブロッカーでなので【ヘブンズ・ゲート】には十分採用圏内。
除去に対抗できる除去耐性の強さ・希少性は2020年10月現在でも健在である。

パワーが14500と《伝説のレジェンド ドギラゴン》より500上回っているので、あちらの敗北回避能力を誘発させないことができる。
そのため【モルト NEXT】は、このカードを意識すれば《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》パワーアタッカー+2222効果を温存しなければならないようになったと言える。

真・エスケープは着地の補助にも使うことができ、コスト踏み倒しメタにも耐性を持つ。

さらに真・エスケープは任意なので、《時の法皇 ミラダンテXII》革命チェンジしたい場合はバトルゾーンから問題なく離すことができる。

ただ問題なのが10コストという重さ。入るデッキの都合上、《ヘブンズ・ゲート》《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》が無ければバトルゾーンに出すのが困難である。早出しのハードルは比較的高い。

コスト踏み倒しメタ対策として《闘門の精霊ウェルキウス》でアクセスできる《∞龍 ゲンムエンペラー》が登場して以降は事情が異なるか。

後に1回除去を耐えるだけなら総合的にはより優れた能力であるEXライフが登場したが、こちらは同じクリーチャーを2回以上除去から守れる点、シールドゾーンを離れたシールド墓地ではなく手札に加わる点で差別化可能。寧ろEXライフでガンガンシールド追加しつつどうしても守りたい特定のドラゴンをこれで徹底的に守るという、両者の良いとこ取りのような使い方も1つの手。

コスト10でシールドさえ許せば恒常的に耐性を付与できる光のブロッカーということで、《ヘブンズ・ゲート》軸の【アマテラス・キリコ】では他で真似できない使い勝手を発揮する。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]