大宇宙(だいうちゅう)シンラ》 [編集]

大宇宙シンラ R 自然文明 (8)
進化クリーチャー:ジャイアント 15000
進化−自分のジャイアント1体の上に置く。
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。その後、相手はバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分自身のクリーチャーをすべて持ち主のマナゾーンに置く。
T・ブレイカー

DM-28で遂に登場した進化ジャイアント

バトルゾーンクリーチャーは、各プレイヤーが選択した1体ずつを残し、それ以外は全てマナゾーンに送られる。

バトルゾーンの状況次第では、擬似的な全体除去マナブーストとして機能する。
加えて自身のパワーが15000と高く、直接的なバトルで負けることは少ない。
ただし「他の」自分のクリーチャーをマナゾーンに送るわけではないことに注意。
他のクリーチャーを選ぶと、召喚したばかりのこのカード進化元ごとマナゾーン送りとなってしまう。

フィニッシャーとしての採用が主になるだろうが、少々クセが強く使いづらい。
特に相性がよいはずの《西南の超人》コスト軽減を用いたデッキでは、自身の展開をとめてしまいフィニッシャーとして採用しづらいのがつらいところ。

  • このカードを出した返しに《学校男》等の軽量除去を出されると悲惨。このカードを出すと自陣には場に残した1体しかいなくなるためである。
  • 冠詞は『大宇宙』。巨大なジャイアントの進化にふさわしい冠詞といえる。
  • とてもスケールが大きく、体内に銀河と無数の恒星を所持している。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

大宇宙シンラ SR 自然文明 (8)
進化クリーチャー:ジャイアント 15000
進化-ジャイアント
バトルゾーンに出た時、自分の他のクリーチャーを1体選び、それ以外の自分の他のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。その後、相手は自身のクリーチャーを1体選び、それ以外の自身のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。
自分のマナゾーンにジャイアントが3枚以上あれば、このカードは「S・トリガー」を得る。
T・ブレイカー

このクリーチャーは全体マナ送りに巻き込まれないようになり、条件付きS・トリガーを得た。
S・トリガーで相手ターンに出せば、追撃を止めることができ、2対1の状況に持ち込めるようになった。

ただし、残り1体のダイレクトアタックは止められない点は注意。

一見すると派手な効果だが、【ジャイアント】《西南の超人》を起点に大量展開するのが得意であり、素出しだと自分で盤面を少数精鋭にしてしまうのは相性が悪く、引いてしまったら手札で持て余しがちとなってしまう。自身のクリーチャーをマナ送りにさせてマナブーストに利用する余裕がある状況や、《大宇宙シンラ》でしか返せない盤面差がついてしまったという限定的な場面でしかコストを支払って召喚しないだろう。

総合ルール 110.4c
どのゾーンで機能するかが書かれていない能力は、バトルゾーンでのみ機能します。ただし、そのカードそのものが、「S・トリガー」を得る能力についてはシールドゾーンにある時も機能します。

外部要因で「S・トリガー」を得る《爆炎竜舞》が、山札や手札にある間に「S・トリガー」を持つ呪文と扱われなかったため、《大宇宙シンラ》も同様に山札や手札にある間は「S・トリガー」を得られないと思われる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]