《イチバンの覚醒者(かくせいしゃ)オーシャン・G(ジー)・ホーガン》 [編集]

イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン R 水文明 (15)
サイキック・クリーチャー:サイバー・コマンド 11000
M・ソウル
自分のクリーチャーを召喚した時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードがクリーチャーであれば、バトルゾーンに出してもよい。
W・ブレイカー
覚醒前⇒《時空のスター・G・ホーガン》

DM-39で登場したM・ソウル持ちのサイキックサイバー・コマンド

《時空のスター・G・ホーガン》覚醒した姿。

自分のクリーチャー召喚した時に、山札の上クリーチャーであれば踏み倒しできるという、味方全員に連鎖の上位能力を持たせるような強力かつ豪快な能力
召喚でしか能力が発動しないものの、出せるクリーチャーに縛りがなく、連鎖と同じように進化クリーチャーも出せる。
元々連鎖持ちのクリーチャーを出せば擬似激流連鎖になる。
本家《サイバー・G・ホーガン》同様、進化クリーチャーを一気に出したり、一瞬でゴッドを完成させることも不可能ではない。

覚醒前である《時空のスター・G・ホーガン》覚醒条件を満たそうとするあまり、デッキに軽量クリーチャーが多くなりやすい。
そうなると、このクリーチャー能力大型クリーチャーを踏み倒す、というロマン溢れる使い道が難しくなるが、単純に殴り手の数が倍になると考えれば、1体をタダで出せるだけでも十分強力である。

この凄まじい能力によって、パワー11000のW・ブレイカーと、コストの割にパワーはそこまで高くはなく、解除も持たない。
しかしバトルゾーンに残し続けることができれば、気がついた頃にはとんでもないアドバンテージを叩き出すことができているに違いない。

  • カードイラストでは惑星を握れるほどの巨体で描かれている。惑星がこのクリーチャーにとっては砲丸同然である。
  • 公式のカードリストでは、フレーバーテキストのハイフンが?マークになっており、力を託すことに驚いているようにも見える。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン P 水文明 (15)
サイキック・クリーチャー:サイバー・コマンド 11000
自分のクリーチャーを召喚した時、自分の山札の上から1枚目を見る。そのカードがクリーチャーであればバトルゾーンに出し、それ以外であれば山札の一番下に置く。
W・ブレイカー
覚醒前⇒《時空のスター・G・ホーガン》

DMPP-15で実装。《ケロディ SP》を入手・生成することで特典として付いてくる。
召喚時のクリーチャー踏み倒し効果が強制になり、外れた場合は山札下にいくようになった。

覚醒後そのものに対する調整は微々たるものだが、覚醒条件そのものが緩くなった。
その影響でTCG版ではあまり縁のなかった《超時空ストーム G・XX》の進化元としての適性が高くなっている。→【ラスト・ストーム XX】 (デュエプレ)

サイクル [編集]

DM-39で登場した、覚醒編クリーチャーが新たに覚醒を得た設定のサイクル解除を持つのは《最凶の覚醒者デビル・ディアボロス Z》のみ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-39(通常版)
    ダブルクロスよ、我がイチバンの力を託す!――イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン
  • DM-39ヴィジュアルカード
    やっぱり「イチバン!!!」
  • DMPP-15
    XXよ、我がイチバンの力を託す!――イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]