魔魂葬(まこんそう)のサードニクス》 [編集]

魔魂葬のサードニクス  SR 光/闇/火文明 (5)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数破壊してもよい。そのターン、このクリーチャーのパワーは破壊したクリーチャー1体につき+3000され、破壊したクリーチャーの数だけシールドを追加でブレイクする。
自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップしてもよい。

DM-25で登場した//スピリット・クォーツ

攻撃する時に味方クリーチャー破壊することでパンプアップし、ターン終了時にアンタップして敵の殴り返しを退ける。

味方を大量に喰ったり、《活性電士エナジオン》などでアンタップして複数回攻撃すれば一気にシールドブレイクできる。
既に攻撃を行ったクリーチャーや、pig持ちのクリーチャーを糧にブレイク数を調整すると効果的である。

しかし、明らかにビートダウン向けの能力にもかかわらず、味方を減らしてしまうというのは本末転倒であり効率が悪い。

5マナ払えるならばシューティングガイアール《GENJI・ボーイ》などの選択肢があるのもつらい。
また、元々のパワーが1000なので火力パワー低下タップキルに非常に弱い。《希望の親衛隊ファンク》《超次元ボルシャック・ホール》の巻き添えで呆気なく退場と言うこともありえる。
ブロックされないわけでもないのでここぞというところでブロックされて役に立たないことも多い。

《マイキーのペンチ》スピードアタッカー付加、《時空の守護者ジル・ワーカ》破壊ブロッカーを無力化するなど、確実にシールドを複数枚割れる状況を作っていきたい。

  • アタックトリガーで破壊する対象に「他の」が含まれていないため、このクリーチャー自身を破壊することができる。《フラッシュ・アーマー》などで自身に破壊耐性が付与されている場合、追加の打点増強を行うことができる。
  • スピリット・クォーツ単種族の命名規則は「○○(2字熟語)の~~(石の名前)」となっているが、このカードの場合は「魔魂葬」という3文字で、熟語ですらない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

魔魂葬のサードニクス  R 光/闇/火文明 (5)
クリーチャー:スピリット・クォーツ 1000+
攻撃する時、自分の他の多色クリーチャーを好きな数破壊してもよい。そのターン、このクリーチャーのパワーは破壊したクリーチャー1体につき+3000され、破壊したクリーチャーの数だけ相手のランダムなシールドを墓地に置く。
自分のターン終了時、このクリーチャーをアンタップする。

追加ブレイクシールド焼却に変更となり、破壊可能なクリーチャーが多色に限定されるようになった。

自分の破壊用多色クリーチャーを相手のシールド枚数以上に並べ、《サードニクス》で破壊してシールド焼却すればそのままダイレクトアタックになる。一度コンボが決まればブロッカー攻撃中止などのシールドに頼らない防御手段でしか止められない。

pig持ち全般と相性がいいが、特に《霊翼の宝アルバトロス》とは好相性。《サードニクス》でpigを発動させられるほか、《アルバトロス》のpigでこのクリーチャーをリアニメイトしつつスピードアタッカーにすることができる。

  • TCG版と比べてフィニッシャー性能が大幅に向上しており、専用デッキ【サードニクス】が組まれた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-25DMPP-09
    世界に神が蘇ると共に、太古の昔に神々の城であった水晶の都が姿を現した。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]