守護(しゅご)偶然(ぐうぜん)象徴(しょうちょう) [編集]

守護と偶然の象徴 UC 光/水文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から「ブロッカー」を持つカードを自分の手札に加え、他の3枚を好きな順番で自分の山札の一番下に戻す。

DM-11で登場した/呪文

山札を4枚表向きにして、ブロッカー1体をサーチするS・トリガー呪文

多色でありながらDM-01《クリスタル・メモリー》およびDM-09《サブマリン・プロジェクト》に劣るスペック。
山札の上から3枚までなら、当時は殿堂入りだったが《サイバー・ブレイン》で丸ごと持っていくこともできた。

表向きにした中にブロッカーがなければ1枚も手札に加えられられないため、空撃ちで終わるリスクもある。

ルール [編集]

  • 表向きにしたカードの中にブロッカーがなかった場合の処理が明記されていないが、表向きにした4枚のカードを好きな順番で山札の一番下に戻すということで正しい。
    同じ質問が多く寄せられたのか、公式Q&Aでは同様の回答が04.11.02と04.12.17の二度掲載されてしまっている。
  • 手札に加えられる枚数が書かれていないが、サーチできるブロッカーは1体のみ。(プレイス版のようにすべて加える効果の場合、テキストに「すべて」と表記される)

他のカード・デッキとの相性 [編集]

  • 1枚しか回収できないのなら《未来設計図》のような低コスト呪文であるべき。ちなみに《守護と偶然の象徴》と同じ枚数を見て、これより回収可能な種類が多い光のサーチには《集結!夜の四天王!!》が登場している。自分の山札を相手にも公開してしまうという点でも《守護と偶然の象徴》が劣ってしまっている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

守護と偶然の象徴 UC 光/水文明 (4)
呪文
S・トリガー
自分の山札の上から4枚を表向きにする。その中から「ブロッカー」を持つクリーチャーをすべて自分の手札に加え、それ以外をランダムな順番で山札の下に置く。

DMPP-08EXで実装。テキストが変更され、表向きにしたカードのうちブロッカー全てを手札に加えるようになった。また、山札の下に戻す順番はランダムとなっている。

《ヘブンズ・ゲート》を使うデッキのドローソースとして使われることがある。

《アクアン》とは違い、《マーシャル・クイーン》暴発させることで手札が枯渇した状態で《ヘブンズ・ゲート》の直前に使うことができる。

サイクル [編集]

DM-11友好色多色呪文サイクル

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]