《オールサンライズ》 [編集]

オールサンライズ P 光文明 (8)
呪文
自分のシールドゾーンにあるカードをすべてまとめてシャッフルし、裏向きにして1つのシールドにする。その後、そのシールドの束と自分の山札を入れ替える。(山札は1つのシールドになる)

DMEX-08で登場した呪文

ひとまとめにされたシールド山札をそのまま交換する。

山札がそのままシールドカードになるため、S・トリガーが大量に入ったデッキであれば大量発動も狙える豪快な能力シールドは1つになるのでスーパー・S・トリガーも使い放題となる。

シールドカードの枚数の多さを生かせるデッキで運用したいところ。暴発を狙うのもいいだろう。

もしシールドの束を暴発して1ショットキルしたいのならば、《龍装者 フィフス》などの着地サポート、ロックダイヤモンド状態付与を行う呪文本体、そのような呪文にアクセスできる先述の《龍装者 フィフス》や《貝獣 ウーニ》などの呪文踏み倒しカードメインデッキに入れる必要がある。

シールドがない状態で使うと即座にライブラリアウトしてしまう。
また山札が少なくても、それだけ威力は減ってしまう。
山札シールドゲームが進むほど少なくなっていくこともあり、なるべく早期に唱えたいところ。

また、シールドは1つの状態になるため、シールド焼却にも注意。

ルール [編集]

  • 「シールドゾーンにカードが置かれた時」の能力、シールドゾーンに置かれたカードの枚数だけトリガーする。つまり、この呪文を唱える前の山札の数だけ誘発する。逆に「カードがシールドゾーンを離れた時」は、唱える前にシールドゾーンにあったカードの数だけ誘発する。
  • 総合ルールの記載では、「一部のカードの移動が正常に行われない場合でも、残りのカードの入れ替えは実行されます」とある。《デュエマの鬼!キクチ師範代》がいる状態で《オールサンライズ》を唱えると、シールドゾーンから山札への移動は正常に行われ、山札からシールドゾーンへの移動は正常に行えない。
    • 【魔天リアリティ】の挙動を考えると、シールドはすべて山札に移動し、山札はシールドに移動できずに終わると思われる。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 効果について

Q.自分の《極幻空 ザハ・エルハ》がバトルゾーンにあるときに《オールサンライズ》を唱えました。この場合、処理はどうなりますか?
A.《オールサンライズ》の効果でシールドゾーンにあるカードをすべて裏向きにし、シャッフルして1つのシールドにした後、シールドゾーンのカードは《極幻空 ザハ・エルハ》の効果で山札に移動しないので、自分の山札だけがシールドゾーンにすべて移動します。
自分のシールドは《オールサンライズ》の効果でまとめたシールドと、山札から移動したカードで構成されたシールドの合計2つになり、山札は0枚になるのでゲームに敗北します。

+  (総合ルール 701.26c)

引用元(2022.5.20)

Q.自分のシールドが1枚もない状態で《オールサンライズ》を唱えました。この場合、処理はどうなりますか?
A.2つのゾーンにあるカードをまるごと入れ替える効果は、片方のゾーンにあるカードが0枚であっても実行されます。
山札のカードがすべてシールドゾーンに移動しますが、シールドゾーンから山札に移動するカードは1枚もないので、山札が0枚になり、ゲームに敗北します。

+  (総合ルール 701.26c)

引用元(2022.5.20)