戦劇(せんげき)エンペラー・キンタ》 [編集]

戦劇エンペラー・キンタ R 水文明 (4)
進化クリーチャー:サイバーロード/サムライ 6000
進化−自分のサムライ・クリーチャー1体の上に置く。
相手が呪文を唱えた時、このクリーチャーをアンタップしてもよい。
W・ブレイカー

DM-30で登場した進化サイバーロード/サムライ

4マナ6000、W・ブレイカー持ちで、相手が呪文唱えるのを躊躇わせる能力を持つ。序盤から大型クリーチャーで殴れるのは、サムライデッキにとっては朗報であろう。
大型のフィニッシャーに繋ぐまでの間、クロスギアクロスして殴っても良いし、殴り返し要員としても使える。
ビートダウン戦術が基本のサムライには非常にマッチした能力であり、サムライデッキの可能性を広げるカードである。

アンタップ能力は微妙な気もするが、S・トリガー《デーモン・ハンド》等の除去呪文が出た際は、このクリーチャー以外を除去したらこのクリーチャーアンタップし、このクリーチャー除去したら他のクリーチャーが攻撃してくる事になり、相手に取っては地味に嫌らしい能力である。
特に《スーパー・スパーク》等のタップ呪文に対しては、非常に耐性がある。

サムライデッキを作るならば、試してみて損はないクリーチャーであろう。

  • モデルは見てのとおり金太郎。サイバーロードの知性を感じさせないイラストである。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

戦劇エンペラー・キンタ R 水文明 (4)
進化クリーチャー:サイバーロード/サムライ 6000
進化-サムライ・クリーチャーまたはサイバーロード
相手が呪文を唱えた時、このクリーチャーをアンタップする。その後、カード1枚引く。
W・ブレイカー

進化元サイバーロードが追加され、アンタップが強制になったが、その効果と同時に1ドローが発生するようになった。

TCG版同様、S・トリガー呪文の《ホーリー・スパーク》《バリアント・スパーク》のメタクリーチャーとして使える。
《デーモン・ハンド》などのタップさせる呪文以外でも無駄にはならず、《外道神カイカイ》と同じく呪文牽制にもなる。

また、デュエプレでは手札が10枚以上にできないため、ドローステップにカードを引く枠を作るためにS・トリガー呪文を空撃ちする場面があるが、それに対しても1ドローの恩恵を得られる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-30DMPP-10EX
    これで意外と百戦錬磨。通算96勝4敗ナリ。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]