《ジバボン3兄弟(きょうだい) [編集]

ジバボン3兄弟 R 火文明[ジョーカーズ] (7)
呪文:ジョーカーズ
スーパー・S・トリガー(この呪文を自分のシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ唱えてもよい。その時自分のシールドが1つもなければ、この呪文にS能力を与える)
相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体破壊する。
バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計6枚以上あれば、相手のパワー12000以下のクリーチャーを1体破壊する。
S−相手のクリーチャーをすべて破壊する。次の自分のターンの終わりに、自分はゲームに負ける。

DMRP-03で登場したジョーカーズ呪文

スーパー・S・トリガーを持ち、デフォルトで6000以下の敵1体、バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが合計6枚以上あれば追加で12000以下の敵1体、スーパー・S・トリガーで出れば敵クリーチャー全てをそれぞれ破壊できる火力を持つ。ただし最後の全体火力を使うと次の自分のターンの終わりゲーム特殊敗北してしまう。

2つの条件に応じて火力の上がる呪文。どちらも満たしていない状態では《ドリル・トラップ》と同等のスペック。

バトルゾーンまたはマナゾーンジョーカーズが6枚以上あれば12000火力が追加される。6000火力の方は残るため最大で2体破壊することができる。この状態なら《ジェットセット・バイト》に勝るスペックとなり、防御力はそこそこ。基本的にはこれを狙ってジョーカーズデッキに投入することになるだろう。

スーパー・S・トリガーした際は、相手クリーチャーだけを一方的に全て破壊するという、S・トリガーにあるまじき超威力となる。上記の2つの火力はほぼ腐ってしまうが、除去耐性を持つクリーチャーも最大3回破壊できるため無意味とはならない。

だが、このスーパー・S・トリガーには同時に、次の自分のターンの終わりゲームに敗北してしまうという最大級のデメリットを課してくる。
スーパー・S・トリガーが発動する時点ですでにピンチなことは多いが、一度この呪文を使ったら次のターンに何が何でも勝たなければならなくなる。

幸い、ジョーカーズJ・O・Eマスター・W・メラビートによって返しのターンで勝ち切るポテンシャルを十分秘めている。常に前のめりなデッキ構築にすれば十分採用の余地はあるだろう。

  • 以前は自分のターンにスーパー・S・トリガーを発動させた場合、以前は「次の自分のターン」の終わりに敗北するため発動ターンには敗北しないとされていた[1]。現在は《星龍の記憶》の裁定変更により、発動したターンの終了時に敗北すると思われる。
  • 名前の由来は恐らく自爆とボンバー(bomber)。確かに使いどころを誤ればこのカードほど自爆に直接繋がるカードも珍しかろう。
  • イラストレーターのTwitterではこのカードの初期デザインを閲覧することが可能である。参考

サイクル [編集]

DMRP-03スーパー・S・トリガー呪文サイクル

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.相手の攻撃でシールドが0枚になり、《ジバボン3兄弟》がトリガーしました。6000以下のクリーチャーと12000以下のクリーチャーを破壊したら生き残るので、最後の能力を使わないことはできますか?
A.いいえ、シールドが0枚であれば最後の能力を得ているので、このカードを使う場合は最後の能力を含めて使うことになります。
引用元(2019.7.2)