《ショック・ハリケーン》 [編集]

ショック・ハリケーン UC 水文明 (5)
呪文
バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数選び、自分の手札に戻す。その後、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを同じ数選び、持ち主の手札に戻してもよい。

DM-06で登場した呪文

自分と相手のクリーチャーを同じ枚数だけバウンスする。

ある程度大量展開のできるデッキなら、自分のクリーチャーごと相手のクリーチャーをバウンスして、バトルゾーンを一時的にリセットさせることができる。
当然自分も損害を食らってしまうが、相手クリーチャーを全てバウンスできるならさほど痛くはないだろう。

効果を無駄にしないために、cipクリーチャーを再利用するなどの工夫をすると良い。
他にも自分の《封魔フォラス》バトルゾーンから離脱させる、《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》のようなG・ゼロを持つクリーチャーを多く入れたデッキで実質ノーリスクでの大量バウンス呪文として運用する、等の使い方も存在する。

  • 意外と気付きにくいが、相手のクリーチャーは「戻してもよい」なので自分のクリーチャーだけを戻して相手のクリーチャーを1体も戻さないことを選択することもできる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ショック・ハリケーン UC 水文明 (3)
呪文
自分のクリーチャー1体を手札に戻す。その後、相手のクリーチャー1体を手札に戻す。

コストが2軽くなった代わりに、手札に戻せるクリーチャーの数が自分と相手それぞれ1体ずつに減った。また、相手クリーチャーのバウンスが強制になった。
要するに、S・トリガーのない《レスキュー・タイム》となった。

デュエプレの《ハイドロ・コミューン》は自分のクリーチャーを再利用できないよう調整されたが、このカードの登場で自分のクリーチャーをコスト3の呪文で再利用できるようになってしまった。

軽さもあって当然悪用され、【青黒赤ゼロ・フェニックス】が成立した。
とはいえ同じ弾に収録されているためデザイナーズコンボかもしれない。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-06DMPP-09EX
    押せば引け、引いたら更に引け。
  • DM-18
    巻き込んだ物の数だけ嵐は大きくなる。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]