《キング・ムーγ(ガンマ) [編集]

キング・ムーγ P 水文明 (6)
クリーチャー:リヴァイアサン[サバイバー] 6000
W・ブレイカー
SV−このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選び、手札に戻す。
サバイバー(自分のサバイバーはすべて、上のSV能力を持つ)

DMD-26で登場したリヴァイアサン/サバイバー

cipにより、相手のクリーチャー1体を手札に戻すサバイバー能力を持つ。

サバイバーでは初となる、相手クリーチャーを直接除去する効果を持ったクリーチャー
このクリーチャーバトルゾーンに出ていれば、小型のサバイバーをばら撒くだけで相手の場が無くなっていく。ただのS・トリガー持ちの準バニラサバイバーである《モリノオウジャダケα》が、疑似《アクア・サーファー》として扱えるのも悪くない。

ただしバウンス強制である点は無視出来ないデメリット
このクリーチャーを出した後に《レッド・ABYTHEN・カイザー》《熱血星龍 ガイギンガ》を出された場合、このクリーチャーをどかさない限り後続のサバイバーが非常に出しづらくなってしまうのである。
両者共に超次元ゾーンに置かれるカードであるため、これらの存在が確認できるならこのクリーチャーを出すことは控えた方が無難だろう。

  • 名前の元ネタは太平洋に存在したと言われる幻の大陸である「ムー大陸」だろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

キング・ムーγ SR 水文明 (6)
クリーチャー:リヴァイアサン/サバイバー 6000+
W・ブレイカー
自分のサバイバーが5体以上あれば、このクリーチャーのパワーを+6000し、「T・ブレイカー」を得る。
サバイバー:バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャー1体を手札に戻してもよい。

バウンスが任意になり、自分のサバイバーが5体以上で強化される能力が追加された。強化時のパワーと打点は《キング・アトランティス》と同じである。

《デーモン・ハンド》といった除去手段を持たず、召喚酔いを消せないクリーチャーが入っていないデッキに対しては、存在しているだけで毎ターンバウンスフィールドアドバンテージを稼ぎ続けることができる。

S・トリガーで逆転をさせないためにワンショットを狙う場面なら、5体以上という条件は勝手に達成されているのも噛み合っている。
自身もサバイバーなので、自分の他のサバイバーが4体以上で大型化できる。
ただしパワーの上昇とT・ブレイカーを得る能力自体はサバイバー能力ではないため、別のサバイバーに与えることはできない。

また、このクリーチャーが出ている場面だと、《モリノオウジャダケα》《イプシロン・トゥレイト》《ゼータ・トゥレイト》など、コスト踏み倒しで出るサバイバーが防御札やダメ押しのバウンスになるシステムクリーチャーとしての側面もある。

  • このカードの実装で、デュエプレではアトランティス大陸・レムリア大陸・ムー大陸を並べるファンデッキが組めるようになった。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]