《ゼータ・トゥレイト》 [編集]

ゼータ・トゥレイト SR 水文明 (8)
進化クリーチャー:サバイバー 8000
進化−自分のサバイバー1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにあるサバイバーの数と同じ枚数のカードを引いてもよい。
W・ブレイカー

DM-06で登場したの大型進化サバイバー

バトルゾーンの双方のサバイバーの数に応じてドローできるcip能力を持つ。
自身ももちろんサバイバーであるため、1ドローは確約されている。とはいえここは複数枚ドローして、さらなる展開への呼び水にしたいところ。
しかしながら、数を並べた後はフィニッシュに持ち込むサバイバー種族の戦術に対して、すでに大量召喚されたサバイバーを元に展開を促すこのカードの能力は噛み合わせが悪く、オーバーキル気味で使いにくい面もある。

また、通常の【サバイバー】では《シェル・ファクトリーγ》の展開力が圧倒的で出番は薄く、そもそも水文明は使われないことが多い。
活躍させるには、オーソドックスな【サバイバー】からやや目先を変えた構成でデッキを組みたい。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ゼータ・トゥレイト VR 水文明 (6)
進化クリーチャー:サバイバー 6000
進化-サバイバー
W・ブレイカー
バトルゾーンに出た時、自分のサバイバー1体につきカードを1枚引く。その後、自分の手札の枚数以下のコストを持つ、進化でないサバイバー1枚をバトルゾーンに出す。(手札の上限枚数を超えるなら、上限枚数に達するまで引く)

コストが6に低下し、それに伴ってパワーが6000に下がった他、最大の変更点として手札の枚数に依存するコスト踏み倒し能力を得た。

サバイバー用の簡易的な《インビンシブル・テクノロジー》を内蔵したクリーチャーとなり、踏み倒し能力によって展開力が大幅に上がっている。

一度《猛毒モクレンβ》《ツインヘッド・タートルβ》《シェル・ファクトリーγ》で手札とマナが十分な状態になれば、《キング・ムーγ》でも楽に出すことができる。

また、踏み倒しは文明指定がないので《戦空の伝道士バルスβ》《死縛虫グレイブ・ワームγ》など、余裕があるときにしか出せないシステムクリーチャーをテンポロスなしに出すこともできる。

流石に4〜5ターン目に出した場合だとコスト5以上を踏み倒すのは難しいが、単に2ドロー後にコスト3以下を1体出す程度でも【サバイバー】ではかなり場の戦力が高くなる。2→3とサバイバーを出し、4で《フェアリー・ギフト》を唱えて進化させることでそのプレイングが実現できる。

進化クリーチャーであるため、自身の効果で踏み倒した《ダーク・ティアラγ》《猛毒モクレンβ》から得たアタックトリガーを自身のアタックで即座に起動することも出来る。

TCG版から使い勝手が大幅に上昇しているが、デュエプレ環境では通常の【サバイバー】と同様に《超竜騎神ボルガウルジャック》《ボルメテウス・武者・ドラゴン》の連続火力の射程範囲に入ってしまっている。踏み倒したサバイバーによって獲得したアドバンテージでカバーしたい。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]