水晶邪龍(すいしょうじゃりゅう) デスティニア》 [編集]

水晶邪龍 デスティニア SR 水/闇文明 (7)
クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン/デーモン・コマンド・ドラゴン 7000
W・ブレイカー
このクリーチャーはブロックされない。
マナ武装 4:このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに多色カードが4枚以上あれば、自分の手札を山札に加えてシャッフルし、カードを4枚引き、その後、相手に自分の手札を1枚見ないで選ばせてから、それを見せる。それがクリーチャーなら、バトルゾーンに出してもよい。

DMR-22で登場した/クリスタル・コマンド・ドラゴン/デーモン・コマンド・ドラゴン

マナ武装4で自分の手札山札に加えてシャッフルし、カードを4枚引き、その後、相手に自分の手札を1枚見ないで選ばせてから、それを見せる。それがクリーチャーなら、コスト踏み倒しができる。

手札を補充しつつ不確定だがコスト踏み倒しまで付属しており、疲弊した状態から一気に立て直すアドバンテージ補充能力を持つ。
進化クリーチャーまでバトルゾーンに出せるのが魅力。

エキスパンションの他のマナ武装にも言えることだが効果が強力な分発動条件が厳しく、その上このカード踏み倒しの成功率を高めるためにクリーチャーにもデッキを偏らせる必要があるため、構築難度は高い。踏み倒しのリターンが大きい大型を狙うならなおさらである。
とはいえ能力自体の強力さ、独自性は他にないものであるため、このカードを軸にした多色デッキを構築するだけの価値を持ったカードと言える。
場に出た後もブロックされないW・ブレイカーであり、コマンドドラゴンであるためできる仕事が多い点も魅力。

その後、同コストの水のクリーチャーとして《キング・マニフェスト》が登場。こちらよりもコスト踏み倒しの質が高い上に、呪文が捲れるケースを成功と看做せば普通に構築する以上実質失敗確率0%、マナ武装などの発動条件もナシ、パワーも4000大きくおまけにマッハファイター持ちと、圧倒的に総合力が高い。こちらは最大4枚ドローできるという利点があり、ドラゴンサポートを受けられるというあちらには真似できない優位点も備わっているが、単純なコスト踏み倒し手段と見るなら5枚目以降の《キング・マニフェスト》となるだろう。

  • マナ武装条件を満たしている場合、cip手札を全て山札に戻して4枚引き、相手に1枚見ないで選ばせてそれを公開するまでが強制なので注意。
  • 水/闇のドラゴンであり相手に選択させる点ではテック団を彷彿とさせるが、テック団は持たない。
  • カード名が「水晶邪龍 ディスティニア」ではないことに注意。
  • 手札を山札に戻すかどうかや出せるクリーチャーの種類など違いはあるが、カードをドローして相手に見せずに選ばせクリーチャーの踏み倒しを行えるという点で《運 命》を彷彿とさせる。名前も運命(デスティニー)との関連を感じるものとなっている。
  • その後」という単語が使われているが、直前が読点(、)なため、能力の区切りではない。したがって「その後」は読み飛ばしても効果の内容が変わることはない。
  • 相手に手札を選ばせる様子を俗に「ババ抜き」と呼ぶ。この表現は「覇王伝ガチ!!」や『デュエル・マスターズ 超全集 革命ファイナル』の中にも見られる。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]