偽りの名(コードネーム) ボーン》 [編集]

偽りの名 ボーン R 闇/自然文明 (7)
クリーチャー:アンノウン 9000
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊してもよい。そうした場合、相手は自身のクリーチャー1体を破壊する。
自分のクリーチャーが破壊された時、相手の手札からランダムに1枚をマナゾーンに置く。(この効果は、各ターン1回のみ発動する)
W・ブレイカー

DMPP-17で登場したアンノウンゲームオリジナルカード

《地獄の門番 デスモーリー》cipを持ち、自分のクリーチャーにpigを付与して各ターン1回ランダムハンデスを行う。

《特攻人形ジェニー》《霞み妖精ジャスミン》は文明も合うので好相性だろう。
ただしハンデス効果は1ターンに1回の制限があるので、《ボーン》1体で相手の手札を0にすることは難しい。また、マナ送りは強制であり、利敵行為になってしまうリスクがある。なお《ボーン》が複数体いる場合、効果は重複する。

  • 名前の由来は、ロバート・ラドラムの「ジェイソン・ボーン」三部作とその映画『ボーン』シリーズに登場する、主人公のスパイ「ジェイソン・ボーン」と考えられる。

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-17
    はぐれ者となったハンターや孤立したエイリアンを捕まえては生体実験を行っていた「謀略のアンノウン」ボーン。二つの世界の平和を乱すボーンに、シャチホコ・カイザーが立ち向かう。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]