《フューチャー・スパーク》 [編集]

フューチャー・スパーク C 光文明 (3)
呪文
相手のクリーチャーを2体タップする。
この呪文を自分の手札から唱えた後、墓地に置くかわりに超次元ゾーンに置く。
自分のターンのはじめに、この呪文が自分の超次元ゾーンにあれば、この呪文をコストを支払わずに唱える。

DMEX-18で登場した呪文

相手のクリーチャーを2体タップするシンプルな効果を有するが、同時に超次元ゾーンに関係する2つの特徴的な能力も有する。

ターンのはじめに特定の場所にあればコストを支払わずに唱えるという効果はギャラクシーGOに近い[1]。また、あちらと同様に《魔光騎聖ブラッディ・シャドウ》などとは相性が良い。

超次元ゾーンに置く効果は、手札から唱えた場合にのみ発動することに注意。そのため3つ目の効果で超次元ゾーンから唱えた後は超次元ゾーンに残ることはなく墓地へ置かれる。結果としてタップ効果は合計2回発動する。

サイクル [編集]

DMEX-18のフューチャー呪文サイクル。いずれも未来フレームかつ、DMRP-06でフィーチャーされた呪文名称カテゴリに所属している。
フレーバーテキストでは、「もしも各文明のアイデンティティ形成の根幹に関わる要素が欠けていたら」というif世界線の様子が描かれる。

自然には存在しないが、《樹界の守護車 アイオン・ユピテル》が未来フレームかつこれらと似たフレーバーテキストを持つ。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMEX-18
    天使の存在しない文明。そこでは、秩序を失ったがすべてを塗りつぶしており、語りうる物語もない。

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] ただし、あちらはコストを支払ったものとして唱える
[2] 射場本正巳氏の2022年2月1日付のツイートより。