《バークアステカA(エース) [編集]

バークアステカA SR 火/自然文明 (8)
クリーチャー:ジョーカーズ/チーム切札 11000
<キリフダッシュ>[火/自然(10)](自分のクリーチャーの攻撃の終わりに、そのクリーチャーがその攻撃中にシールドをブレイクしていれば、このクリーチャーを[火/自然(10)]支払って召喚してもよい)
このターンにブレイクされたシールド1つにつき、このクリーチャーの「キリフダッシュ」コストを最大4少なくする。ただしコストは[火/自然(2)]より少なくならない。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、パワーの合計が7000以下になるよう、相手のクリーチャーを好きな数選び、持ち主の墓地またはマナゾーンに置く。

DMRP-15で登場した/自然ジョーカーズ/チーム切札

そのターンにブレイクしたシールド枚数に応じてキリフダッシュコストが減る。
キリフダッシュの条件から最低でも1つはシールドブレイクしているため、下準備なしでもコスト6で召喚できる。
2つブレイクすれば最低コストの2まで軽減できる。

1ターン目に出した《ニクジール・ブッシャー》で殴るのが最速召喚ルート。
他にも、3ターン目に《タイク・タイソンズ》Jチェンジ《ブンブン万太郎》《はさ目姉》を出して2枚ブレイクするのも安定する。

スピードアタッカーW・ブレイカーcip割り振り火力コスト2で召喚できるクリーチャーとしては非常に高スペック。
除去しながらビートダウンできるクリーチャーとして大いに活躍できるだろう。

ルール [編集]

  • 自分のシールドがブレイクされた場合でもコスト軽減に含められる。

環境において [編集]

それまでこれと云った使い道がなかったが、DMRP-20期のオリジナル環境では《樹食の超人》【墓地ソース】で使われるケースも見られた。追撃要員になる他、《暴走龍 5000GT》で触れることのできないパワー5000を超えるクリーチャーへの対処となる。

メディアでの活躍 [編集]

  • アニメ『デュエル・マスターズ キング』で切札 ジョーが生み出したジョーカーズ
    ジョーの描いたヒーローの絵と『北風と太陽』の絵本を混ぜて《キタカゼマンA》と共に生み出され、サイキの弱点であるマスクを剥がすため熱風を吹きつけたが、サイキは涼しい顔でヘアセットをしていた。
    • デュエマシーンでの初登場は同話の「ジョーvsサイキ」。《キタカゼマンA》2体のブレイクコストを2まで下げてキリフダッシュ召喚された。
    • アイキャッチでは《ブレイズザウルスα》を相手に特撮ヒーローのような戦闘をしていた。その際に放った光線技はウルトラマンコスモスのブレージングウエーブやウルトラマンメビウスのメビュームバーストに似ている。両名は太陽や炎にモチーフを持つヒーローの為、狙ってのことだろう。放った後のポージングは初代ウルトラマンのプロレススタイルにも似ている。
    • アニメ『デュエル・マスターズ キング!』27話でも登場。《ボルシャック・モモキングNEX》の効果で山札からめくれ、cipで切札勝舞の《バルキリー・ドラゴン》を破壊した。

その他 [編集]

  • モチーフは「北風と太陽」の太陽および「アステカ文明」、もしくは特撮ドラマの「プロレスの星 アステカイザー」と思われる。円谷プロのヒーローパロディがSRになったのは初。
    • バークは英語で「樹皮」だが、アステカイザーは『鉄よりも硬く、ゴムよりも柔らかい」』という性質を持った特殊樹脂「アステック樹脂」製のファイティングスーツを身に着けている。これは開発の時点で名前の語呂の良さや駄洒落、イラストのデザイン等からイメージされていたと思われる。
    • またデュエル・マスターズの一部の関係者内ではプロレス観戦を趣味としている為にプロレスに関連するモチーフを採用された可能性がある。同じくアニメ内でプロレスを行っていた《針柩医 ゼントヨウ》を加えた赤黒緑の3色プロレスデッキや特撮パロディの切り札に投入を検討できる1枚になるスペックだろう。

《ガラスのキッカー王子》のフレーバーテキストを見るに太陽つながりで特撮ドラマの「仮面ライダーBLACK RX」のパロディも見受けられる。《熱血戦士バギャーン》等を収録し始めた不死鳥篇から度々現れるパロディの中では一際要素の濃いクリーチャーかもしれない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分の《バークアステカA》の「出た時」の能力で、相手のクリーチャーを3体選びました。選んだ相手のクリーチャーのうち2体を破壊して、1体をマナゾーンに置くということはできますか?
A.はい、できます。
引用元